2種に分岐したカラス、数十万年越しに交配し、再び種が合流していた。まるで進化の逆再生…

  • 12,152

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
2種に分岐したカラス、数十万年越しに交配し、再び種が合流していた。まるで進化の逆再生…
Photo: Ruby Feng (Wikimedia Commons)

今後はどうなる?

さかのぼること、はるか数十万年前。太平洋北西部に向かって突き進んだ氷河によって自然の壁が築かれると、ヒメコバシガラスアメリカガラスはそれぞれ別々の進化の道を辿るようになりました。

ところがMolecular Ecologyで発表された論文によると、この2種が交配していたことが明らかに。ワシントン大学生物学博士候補生で研究の第一著者であるDave Slager氏は、米Gizmodoの取材に対して「種分化とは一方向のプロセスではないことを意味しています。場合によっては逆もあり得るようです」と、コメントしています。

時間と距離を超えて...

もともと、この2種のカラスが別々の種であると考えられてきたのは1858年以来のこと。鳥類学者や鳥類飼育者たちは、ヒメコバシガラスが太平洋岸北西部の海岸や干潟に生息し、アメリカガラスよりもわずかに小さいと特徴づけていました。ただ、両者を区別するのは非常に困難であったため、交配しているのか、そうであればどれくらい広い範囲で、どれくらいの頻度なのかを明確に知ることが難しかったといいます。

そんななか行なわれたのが、今回の遺伝学的検査。ワシントン大学、バーク自然史文化博物館、アメリカ地質調査所の科学者チームは218種類の凍結組織、35種類の血液、6種類の羽根、さらに比較のためヨーロッパのハシボソガラスの組織など、いずれの種か識別されたカラスのサンプルを収集。細胞核やミトコンドリアからDNAを分析し、遺伝子データを比較してゲノムからそれぞれの進化の歴史や交配の頻度を調べました。

母親から子に伝わるミトコンドリアDNAを調べると、この2つの種が分岐したのは、10万年周期で北米じゅうを氷河が動いていた約44万3千年前頃であったと考えられます。こうした氷床のひとつは2種類のカラスの種分化のきっかけとなりました。

さらに研究によれば、2種のカラスはワシントン州西部とブリティッシュコロンビア州間の900kmという距離を経て交配していたことが明らかに。これは、種の交配エリアの平均と比べて7倍以上なのだとか。遺伝データによれば、カラスの交配種は数世代にわたる雑種であることが示されています。

新たな分類は必要か否か

オレゴン大学のポスドク研究員であるMartin Stervander氏は、研究に関与していない立場で「長年にわたって、多くの人々がヒメコバシガラスとアメリカガラスの違いについて主張していたが、それは実質的に見分けていたのでなく、ただ分類したいという願望のほうが強かったのかもしれない」と米Gizmodoに説明。雑種に対し、どの鳥のどんな特性が関係しているか明確にするうえで、さらに遺伝学と併せて鳥の出現を研究することの意義を主張しています。

研究者らは現在、ふたつの個体群をひとつの種としてまとめるべきか、あるいは別の種のままにするべきのかといった判断をアメリカ鳥類学会に委ねているとのこと。論文の第一著者であるSlager氏は、ワシントン州とブリティッシュコロンビア海岸の間の広大なエリアには純粋なヒメコバシガラスとアメリカガラスはいない可能性が高いことから、別々の種として区別することはできないと指摘しました。

たしかに、自然界の動物たちをきっちり分類しようとするのには限界があるのかもしれません。が、過去には、アメリカ鳥類学会によって「Myrtle warbler」と「Audubon’s warbler」はキヅタアメリカムシクイに、「Thayer’s gull」と「Iceland gull」はアイスランドカモメに統合されています。

ちなみにトップ画像はシアトルのカラスたちですが、ヒメコバシガラスかアメリカガラスかはわかりません。本来、両者には体のサイズや鳴き声に違いがあるようですが、こうやって画像から見分けるのもそう簡単じゃないのがうかがえます。

    あわせて読みたい

    powered by