【コロナウィルス】UberやLyftで、アジア人が乗車拒否されているらしい

  • 8,072

  • author 中川真知子
【コロナウィルス】UberやLyftで、アジア人が乗車拒否されているらしい
Photo: Shutterstock.com

アジア人だからって拒否されたら、ヘイトクライムって思われちゃうよ。

世界中で猛威を奮っているコロナウィルス。中国の武漢が感染源で、ちょっと尋常じゃない数の感染者と死者を出していることから、中国人やアジア人を見ると過剰な反応をしてしまう人たちがいるようです。

いや、理解できますよ。だって、コロナウィルスが発生したばかりの頃、日本のテレビで連日のように中国人観光客がマスクなしで歩いている姿が報道されていたじゃないですか。潜伏期間でも感染するとか、飛沫感染するとか、言われている時に「日本は空気が綺麗だからマスクなしでオッケ」なんて言っているのを見たら、不安になるのも無理ないです。

でも、その不安が世界各地でヘイトクライムや差別に繋がり始めているみたい…。というのも、CNBCの報道によると、Uber(ウーバー)やLyft(リフト)といったライドシェアリングサービスを利用しようとしているアジア人が、乗車拒否されているらしいんです。

エリック・ハンさんの場合

シアトルにあるマイクロソフトの直営店で働くエリック・ハンさんは、月曜日にUberを呼びました。とても寒い日で、車に乗り込んだときに一回咳をしたそうです。すると、Uberの運転手がすぐさま「中国から来たのか」と質問し、コロナウィルスの可能性を心配して窓を開けたそうです。ハンさんは、自分がアメリカ人で中国には行っていないと伝えたそうです。運転手は納得していない様子でしたが、ハンさんは「これは現実なのだ」と感じたそうです。

別のタイミングでも、ハンさんは複数人から「本国へ帰れ!」と心ない言葉を投げつけられたそうです。

リリアン・ワンさんの場合

サンフランシスコの空港からLyftを使おうとしたアジアン・アメリカンのリリアン・ワンさんは、最初、乗車拒否されたそうです。しかし後からコーカサス人の友人であるスクーロヴさんが来たら同乗させてもらえたのだとか。

運転手は後部座席に座った2人に対して、中国から来たかどうかを尋ね、スクーロヴさんが「メキシコから戻った」というと、「中国からじゃなければいいんだ」と言ったそうです。

また、その運転手は、気をつけるように言われていて、中国人らしい名前の乗客からのリクエストは断っていることを明かしたそうです。

スクーロヴさんは、この件を報告し、後日Lyftのサポートチームから、件の運転手はプラットフォームから外されたことを知らされたと言います。

マイオンフーン・ハンさんの場合

ロンドンで、韓国人の友人とUberを呼んだ時のこと、到着した運転手はいかにも困ったような表情して手を振り「乗車拒否」の意思をしめしたそうです。ハンさんと友人は「中国人じゃないよ」というと、運転手は態度を一転させ乗車させてくれたのだとか。

こういった事態を受けてLyftとUberは…

CNBCによると、Lyftの広報担当であるダナ・デーヴィスさんは、「差別の申し立てを非常に重く受け止めています」と話しているそう。また、Lyftは、このアプトブレイクに関する公式な最新情報をモニタリングしていて、国内外の専門家から話を聞いている、とも伝えているそうです。

一方のUberは、運転手のコミュニティガイドランを参照し、「自分と異なる外見や信念を持つ人とも好意的に関わるべし」という考えを持っていることをCNBCに話したそうです。また、公衆衛生当局のポータルをもっていて、そのグループと定期的に連絡を取り合っているとも伝えたようです。

アジア人=コロナウィルス?

ネット上でも、アジア人=コロナウィルスみたいな書き込みが多く発生していますよね。つい最近だと、ルイ・ヴィトン公式のインスタグラムに掲載された広瀬すずさんの写真に対して「コロナウィルス」という書き込みが相次いでいるのが話題です。

差別ではなく予防のための区別」といった発言も散見されるようですが、うーん、ウィルス扱いされたら誰だって傷つきます。小学校低学年の「バイキーン、逃げろー!」と変わらないような…。

新型コロナウィルスは不確定なことばかりなので、私も怖いです。でも、アジア人だから必ず感染しているわけではないし、パニックで手当たり次第攻撃するのはどうかな、と思います。新型コロナウィルスが落ち着いたからといって、差別した側/された側の意識が消えて元どおりになるかといったら、そうでもないでしょうし…。

ウィルスを警戒するのは理解できるので、それ事態を責めることはできないと思います。ただ、外見や名前でコロナウィルスと関連づけてしまうことが問題なんでしょうね。

Source: CBNC

    あわせて読みたい

    powered by