汗を分析して、健康状態をお知らせ。腕時計型の汗検知デバイスが、あなたの健康を見守ってくれる

  • author 岡本玄介
汗を分析して、健康状態をお知らせ。腕時計型の汗検知デバイスが、あなたの健康を見守ってくれる
Image: Murat Yokus, NC State University

汗を分析するヘルス・トラッカーです。

ノースカロライナ州立大学が、腕時計型のウェアラブル汗検知デバイスを開発しています。「汗」と聞くと汚いイメージがあるかもしれませんが、その代謝物にはグルコース、乳酸、pH、温度といった情報が詰まっており、身体の中で起こっているさまざまなことを分析できるのです。

データをどう活用するか

この「Wearable multiplexed biosensor system(ウェアラブル多重化バイオ・センサー・システム)」を取り挙げたNEW ATLASによりますと、汗を分析することで運動や軍事的なトレーニング中に脱水症状を通知して使用者がダウンしないよう注意してくれたり、自らの代謝に適した運動を選択できたり、また食事で塩分や糖分を控えるなどにも応用できるようです。スポーツだけでなく、もちろん医療の分野でも大活躍しそうですよね。

運動での疲れや病気による体調不良などは、本人がどう感じるかが頼りです。そこにもっと科学的な判断材料が加われば、家庭で使う体温計や血圧計並に信頼できるデータが取れることになるでしょう。

大型分析機4台分の能力に匹敵

これは腕時計のように小型化に成功しているものの、実は研究室にある大型の分析機4台分に相当する能力を持っています。にもかかわらず、製造コストは数千円程度とのこと。

NC STATE UNIVERSITYいわく、取得後にデバイスが分析したデータはスマートフォンなどの端末に送信されるよう設計されているそうです。たとえばですが、そこでアプリがAIを使って履歴を比較してさらなる分析を行なったり、ホントに身体がヤバい状態なら家族や医療機関に連絡するなど、もっと多くのことが可能になりそう。ご高齢の親御さんを持つ人たちが飛び付きそうですよね。

製品化を目指したい

研究者たちは今後さらなるテストを繰り返しつつ、商品化を手伝ってくれる企業を探しています。もしこれが実用化されれば、新しいアプローチのフィットネス・トラッカーが生まれますね。採取できるデータは、カスタマイズ次第で電解質など他の要素も検知できるようになるということなので、期待値は高いかと思います。近い将来に「スウェット・トラッカー」とか、そんな名称で登場するかもしれません。

Source: ScienceDirect, NC STATE UNIVERSITY via NEW ATLAS

    あわせて読みたい