盗聴禁止! 近くにあるマイクをジャムらせる、サイバーパンクなブレスレット

  • 8,575

  • author 岡本玄介
盗聴禁止! 近くにあるマイクをジャムらせる、サイバーパンクなブレスレット
Image: AKKet.com

お邪魔じゃないよ、ジャマーだよ。

シカゴ大学が、部屋に隠されたマイクや各デバイスに内蔵された音声アシスタントといった、自分の近くあるマイクを雑音でジャムらせる、ウェアラブル・マイクジャマーを作りました。超音波信号を発する、24個のスピーカーを搭載したサイバーパンクな見た目のブレスレットです。

少々ゴツいけど、ファッション的にも、まぁまぁナシではないかもしれません。

Video: HCI lab UChicago/YouTube

ザーっという雑音に消されて、マイクを通して録音されるべき音声がまったく聞こえません。しかも結構なボリュームですね。

ウェアラブルである利点

たとえば据え置き型のジャマーだと、スピーカーが音を出す方向にしか効果がなく、音の死角が生まれてしまいます。ですが、ウェアラブルにし、ジェスチャーを伴って身振り手振りすることで、超音波があらゆる方向に拡散されるのが、このデバイスの利点です。

これにより、近くにあるスマートフォンもスマートウォッチも、音声アシスタントも全部一緒に無効化してしまうことが可能になるのです。

200218_jammer
Image: SAND Lab

メカニズムと検証結果

SAND Labの論文には、このブレスレットにはリチウム電池、電圧レギュレーター、マイクロコントローラー、信号発生器、超音波変換器、3Wのアンプが内蔵されている、と説明されています。そしてなんと、コストは20ドルで作れちゃうというのです。

UNIVERSITY OF CHICAGOでは、ジャマーの実験にて、会話中の87%以上の単語をジャムらせることができ、装着者はプライバシーの安心感が増した、とメンタルな部分にも影響が出たそうです。使用者を満足させるのは、デバイスとして大事なことですよね。

実は身近な盗聴

たまにテレビを見ていると、普通の家庭に盗聴器が隠されていて、会話が電波に乗って外に丸聞こえになっている…なんて事例がよくあるようです。

それに、以前も、たまたま音声アシスタントのAlexaが夫婦の会話に反応して、内容を録音し第三者に送ってしまうアクシデントが起こったこともありましたし、最近は音声アシスタントがコッソリ何を聞いて本社に送信しているのか、わかったモンじゃありませんからね。その他、かつてはバーガーキングがお茶の間のGoogle Homeを一斉起動させるCMを作ったり、録音データが警察の捜査に使われたりといった、怖い話もいくつかありました。

こうした社会では、いつか会話に合わせて超音波や妨害電波を出す「スマート・ジャマー」が出てくるのも近い気がします。でもそしたら「ジャマーに強いスピーカー」に対抗する「絶対ジャムらせるジャマー」とか登場し出して、だんだん「矛と盾」みたいなことになってしまうかも…?

Source: YouTube via Futurism, UNIVERSITY OF CHICAGO, SAND Lab

    あわせて読みたい

    powered by