宇宙人OKな宗教はどれ? 専門家に聞いてみた

  • 7,515

宇宙人OKな宗教はどれ? 専門家に聞いてみた

専門家に聞くGiz Asksシリーズ。今回は、宇宙人が現れても動じない宗教、宇宙人ウェルカムな宗教をプロに聞いてみました!

宇宙を考えない宗教のほうが少数派

ダイアナ・ウォルシュ・パスルカ(ノースカロライナ大学ウィルミントン校哲学・宗教学教授、近著『American Cosmic: UFOs, Religion, and Technology』)

まず宗教って何?というところから話をします。西洋では、決まった様式に従う伝統を指し、神がいて、聖典があって、祈りの場があります。非西洋圏や土着文化では宗教をそんな風に捉えていないケースも多く、全世界がひとつの宗教で統一できない現実を受け入れるマインドがあります。たとえば「星の人びと」と呼んで地球外生命体の存在を信じる地域もあれば、その子孫を名乗る民族もいるという具合に。


西洋圏でも、キリスト教以前のアイルランドなどには雲間から異星人が舞い降りて人類に生きる知恵を授けたという神話はあります。またカトリック教でも地球外生命体は千年以上の長きに渡って語られてきました。1891年にはローマ教皇レオ13世が天文台で「未確認飛行物体」の調査に乗り出したりもしています。仏教でも異界の言及はあり、宇宙を考えない宗教のほうが少数派で、それ自体は今に始まったことではありません。


ただ、「UFO教」や、地球外生命体が地球に入り込んでいるという宗教は割と最近の現象です。ネーション・オブ・イスラムがそのいい例だし、Raël(ラエル)というフランス人がUFO遭遇体験で得た教義を広めるムーブメントもそうで、こうした民間信仰はほかにもありますので、宇宙人が現れて困る宗教はそれほどないというのが個人的な印象です。

仏教でしょうね

Karen Pechilis(ドリュー大学、比較宗教学教授)

仏教でしょうね。入る者拒まずで、対話を通して異文化から広く入信を受け入れてきた千年の歴史がありますから。土着の伝統を抑圧せず、対話で折り合いをつける宗教なので、異文化に寛容です。仏教の経典には、この世界と交わることのない異世界が同時に存在すると記されています。また、「生きとし生けるものすべてが幸福でありますように」という祈りも普遍的。

いろんな宗教と種を巻き込んだ対話がスタートするのかも

Douglas Vakoch地球外生命体交信振興団体(METI)会長)

宇宙人が見つかったら何もかもが変わります。存在を認めていなかった宗教も認めざるをえなくなり、「存在を信じるかどうか」ではなく、「存在でどう宗教観が変わるのか」を考えなければならなります。


今はまだ、地球外の存在を信じるかと聞くと信心深い人は答えに詰まります。科学的な質問にも、信仰のレンズを通して答えを用意しますからね。経典に言及があるかどうか。言及がないなら、それは存在を否定しているからなのか、それとも単に科学発達以前の経典で記述がないだけなのか。何千年も前に書かれた経典は、今の天文学とは土台が違うので、そこに科学的な答えを探してもしょうがないです。


仏教とヒンズー教の宗派には、人類より高次の存在が住む世界を唱えるものもあります。比較的受け入れやすいと言えます。


キリスト教で受け入れやすい宗派は主に2つあり、ひとつはセブンスデー・アドベンチスト教会(創設者が地球外生命体のビジョンを得ている)で、もうひとつはモルモン教(聖典「高価な真珠」の中で知的生命体の世界を説いている)。以上の宗派では宇宙人の存在を認めているので特に修正は必要なさそうです。


それより気になるのは地球外生命体と意思疎通ができるとして、どこの誰がそれをやるかです。なにしろ星と星の間を一往復するだけで何百年、何千年もかかりますからね。一生かけても終わらないことをやり遂げることにかけては宗教団体ほど向いている団体はありません。生命体の住む太陽系外惑星があるとわかったら、そこからいろんな宗教と種を巻き込んだ対話がスタートするのかも。

仏教です

Liz Wilson(オハイオ州マイアミ大学比較宗教学教授)

仏教です。経典にこれほど克明に浄土の暮らしが描かれている宗教はほかにありません。大乗仏教にはいろんな悟りの境地があり、法身と、滅びゆく人間の身体を明確に区別しています。その間にあるのが仏陀の報身で、宇宙につながっています。


報身は、微小なエネルギーの集合体であり、地上の肉体と違って滅びることはありません。報身の領域は浄土と呼ばれ、無数にあるとされます。 衆生はすべて仏陀になれるし、仏陀はすべて一切衆生の向上のために尽くす誓約からスタートします。[...]大乗仏教の宇宙論は奥が深く、宇宙に解脱することが信仰の証であり修行の中心を成すものなのです。

昔の宗教のほうが21世紀の現代人よりずっと地球外生命体には寛容だったのかも

Chris Taylor

ドリュー大学イスラム研究教授、宗教・文化・紛争センター(CRCC)所長

宗教は古来、地上の営みがメインで、地球を宇宙の中心と捉えています。みな心の中で考えたことはあると思いますが、宇宙のことは文献には残っていません。


宗教は複雑なので、地球外生命体を「一番受け入れやすい」宗教というのは難しい質問ですね。直接の言及がなくても、受け入れやすそうな思想家はいろんな文化圏に存在します。


たとえばイスラム世界を例にとると、12~13世紀の神秘主義の思想家イブン・アラビーなら現代天文物理学も柔軟に受け入れられたのではないでしょうか。時空の異なる宇宙が複数あって、ここがそのひとつに過ぎないという世界観も理解できただろうし、地球外生命体も当たり前のように受け入れられたと思います。


どんな宗教も現世より、(1)永久、(2)不変の2条件を満たす異次元に対する関心のほうが高く、宇宙の生命体よりかなり飛躍しています。昔の宗教のほうが21世紀の現代人よりずっと地球外生命体には寛容だったという見方もできそうです。

古典的クリスチャンは、地球外生命体が現れるとロジックが破綻するかも

Christian Weidemann(ミュンスター大学プロテスタント神学講師、近著「Did Jesus Die for Klingons, too?」、「Is the Origin of Life a Fluke? Why the Chance Hypothesis Should Not be Dismissed Too Quickly?」)

世界の主な宗教はみな宇宙人OKですが、唯一の例外がキリスト教です。


キリスト教では罪人に許しを求めるよう説きます。神は罪人すべてを許しますが、そこで重要な役割を果たすのが、神の化身イエス・キリストの贖罪(全人類の罪を背負って十字架にかけられて死んで贖った)です。


宇宙人が現れたらキリスト教徒はどうこれを説明すればいいんでしょう? 「キリストは地球人を救うためだけに送り込まれた、残りの宇宙なんてどうでもいい」と言うと神の愛に反するし、「キリストは全宇宙の罪を背負って死んだ」と説くのにも無理があります。


キリストは神でありながら人間です。 クリンゴン人とかの宇宙人が入る隙間はどこにもありません。


また、地球では2000年前に亡くなりましたが、宇宙時間に合わせて生まれ変わるとなると、同時多発生的な局面もあるだろうし、身体がいくらあっても足りません。


それやこれや考えると、地球外知的生命体が現れてロジックが破綻するのは古典的クリスチャンと、そう結論付けることができます。

山のようにある!

Kelly Eileen Hayes(インディアナ大学宗教学准教授)

高次の知的生命体が進化を司る。そんなSFみたいな宗教は結構あります。


「Vale do Amanhecer(夜明けの谷)」というブラジルの宗教団体も、遠い星カペラで生まれた異星人が神によって地球に送りこまれて、そこから進化がはじまったというのが教義です。カペラと交信を絶やさないため築かれたものが世界中の古代文明が残したピラミッドだ、と説いています。


北米でもウナリウス教というのがあって、創始者は故ルース・ノーマン、自称・大天使ウリエル。遠い銀河に住む高次の知的生命体「スペース・ブラザーズ」と交信中らしく、いつの日か地球人がメッセージの意味を理解できたときに、巨大な宇宙船でスペース・ブラザーズがやってきて地球に平和と友愛の時代が訪れると言っています。


宇宙人の存在は昔から地球人を魅了してきました。SFや神話にも残っているし、宇宙開発技術が生まれる遥か以前からカント、スウェデンボルグといった思想家や心霊学、人智論の世界で広く語られてきました。宇宙人が現れても困らない宗教は「山のようにある!」というのが正解。

あわせて読みたい

powered by