駅でちょちょっと仕事するための個室ボックスが東京メトロにあらわれる

  • 10,088

  • author 中川真知子
駅でちょちょっと仕事するための個室ボックスが東京メトロにあらわれる
Image: CocoDesk

個室カラオケの次は、個室オフィス。

ネットの普及によって、かつてないほど私たちの仕事環境は変化しています。私はネットワーク環境さえあればどこでも仕事ができるので、パソコン片手にどこにでも行きます。でも、意外と電車の中って仕事が進まないんですよね。スマホで資料を読むとかならアリですが、座席に座って膝上でPCを開いてカタカタ…は機密情報漏洩の観点から言ってもオススメできません。

でも、移動中に少しでも仕事を進める必要があったら…?

main
Image: CocoDesk

そんな時に便利になりそうなのが、駅構内の個室型ワークスペース! ひとりカラオケボックスのような、完全個室のオフィスなので、機密情報を守るために周囲に目を光らせることも、電車を降りてすぐにカフェを探してウロウロする必要も、トイレに行くためにパソコンに「GET WILD」を仕込む必要もないんですよ。

東京の地下鉄にやってくる「CocoDesk(ココデスク)」

sub1
Image: CocoDesk

「CocoDesk」は、東京メトロと富士ゼロックスの共同展開する個室型ワークスペースです。机、椅子、電源、USBコンセント、液晶モニター、エアコンWi-Fi完備

利用時間は午前7時から午後10時まで。15分単位で利用できて、料金は15分250円スマートフォンを使って鍵をあけるのだそうです。

15分で250円という料金設定に一瞬目が飛び出そうになりました。最初の15分は、エアコンをオンにして、鞄からパソコンを取り出してソフトを立ち上げ、Wi-Fiにアクセスするだけで終わってしまいそう…。CocoDeskを利用するにはスマホで予約を入れておく必要があるようですが、時間配分や事前準備が欠かせないでしょう。

私個人としては、記事作成のためにカフェで写真を撮影したり、街ゆく人々を観察しながらアイデアを巡らせたりするので、ニーズとコスパを考えるとカフェに行くと思います。しかし、1分たりとも時間を無駄にしない企業戦士なら、クローズド空間なCocoDeskは頼もしい味方になると思います。

まずは4駅に設置

CocoDeskの提供は2月20日から。まずは、4駅に設置し、3月末までに10駅に増やすことを計画しているそうです。具体的な設置駅は、溜池山王駅に3台、明治神宮前駅に2台、池袋駅と六本木一丁目駅に各1台。

今後は東京都内だけでなく、全国各地の駅ナカ・ビルナカ・街ナカなどの、ビジネスパーソンの導線上に設置していくそうです。個人利用の従量課金コースだけでなく、法人契約もできるそうなので、駅ナカワークは日本のビジネスマンの新たな働き方になるかもしれません。

Source: PressRoom

    あわせて読みたい

    powered by