フラッグシップも夢じゃない。富士フイルム「X-H1」が11万で買えちゃいますよ

  • 17,429

  • author ヤマダユウス型
フラッグシップも夢じゃない。富士フイルム「X-H1」が11万で買えちゃいますよ
Image: structuresxx/Shutterstock.com

ううむ、エコノミクス。

富士フイルムが2月26日に発表予定のハイエンド一眼レフ「FUJIFILM X-T4」。噂では、強力なセンサーシフト式5軸手ブレ補正が搭載されると言われており、とても魅力的な新ハイエンド。でも、手ブレ補正の搭載が確定した影響か、Xシリーズで初めて手ブレ補正を搭載したフラッグシップモデルの「FUJIFILM X-H1」がずんずん値下がりしております。

マイナス2.5万円

価格.comをみると、新品で11万円。前週比でマイナス2万2690円。もうiPhone 11Proと同じくらいじゃないですか…。思えば、これまでのXシリーズでボディ内手ブレを搭載していたのはX-H1だけ。フジはレンズ内手ブレのラインナップも豊富ですが、X-T4の登場によってボディ内手ブレの選択肢も広がったのです。

X-Hシリーズは今後も続くのか?

X-H1が海外では2019年末にディスコン扱いになっているのも、価格に影響がないとは言えないでしょう。すなわち、X-H1の個性である手ブレ補正がX-T系列にも導入されたなら、X-H系列はこれからどうなっちゃうの、と。ホールドの良さやフェザータッチシャッターなど、魅力もいっぱいあるんですけどねぇ。

でも逆に、いつかX-H2が出るとしたらその進化っぷりには期待しかないワケです。X-H1の下落はそうした進化差分も見越してのことだと思いますが、この軽率価格はなかなか。スマホ感覚でX-H1買えちゃうんだもん。

…たわむれにX-T3の価格を調べてみましょうか。なになに、約14万円。手堅いのう…!

Source: 価格.com

    あわせて読みたい

    powered by