アウトドアを盛り上げる!手軽に回転肉が焼ける「Stove Top oven」が登場

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 伊藤貴之
アウトドアを盛り上げる!手軽に回転肉が焼ける「Stove Top oven」が登場

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

春はもうすぐそこです。そろそろキャンプや野外BBQを企画している人も多いことでしょう。

次の野外イベントでは、本格的なロースト料理をつくって盛り上がるのはいかがでしょうか?

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中のマルチオーブン「Stove Top oven」なら、楽しいキャンプなBBQをさらに記憶に残るものにしてくれるはずです。

ポイント1:肉を回して焼ける

20200305-woshwow-04
Image: raultrading

今度のキャンプで何か特別な料理をしたいと考えているなら、外はカリカリ、中はジューシーな肉料理「ロティサリーチキン」はいかが?

焼けるところをみんなでワイワイと見守るのも楽しそう。ジュージューと音を立てて焼き上がったチキンを取り出せば、みんなの歓声があがるのが目に見えるようです。

20200305-stove01
Image: raultrading

「Stove Top oven」は、回して焼くだけではありません。スチーム料理も得意。屋外でアクアパッツァを本格料理!なんてこともできるようです。

20200305-stove02
Image: raultrading

スモークもできるので、骨付きソーセージの燻製だってお手の物。ビールと一緒にいただきたいですね。

20200305-stove03
Image: raultrading

もちろん、普通にオーブンとしても使えるので、子供も大好きなピザを焼いて、みんなでピザパーティーなんてのも楽しそうです。

ポイント2:予熱に時間がかからない

20200306-stovetop06

Stove Top ovenは、約2分で200度まで上昇します。大人数で、オーブンを複数の料理に使いたいときなど、予熱の時間が短いのは助かりますよね。

ポイント3:本体わずか3kgの軽量さ

20200305-stove04
Image: raultrading

しっかりした見た目とは裏腹に、本体重量はわずか3kg。女子が片手でも持てる軽さです。持ち運びが必須の屋外では、この軽さが重宝しそう。

ポイント4:丸洗いができる

20200305-stove05
Image: raultrading

バーベキューの後片付けで、丸洗いできない調理機器についた油がなかなか拭き取れずに悪戦苦闘…なんてことありますよね。

Stove Top ovenは、鍋やフライパンと同じように洗剤をつけてそのまま水で丸洗いが可能。これもうれしいポイントです。せっかく料理を楽しんだのに後片付けでフラストレーションが溜まる、なんてのは嫌ですもんね。

2019年香港スマートデザイン賞受賞

20200305-stove06
Image: raultrading

Stove Top ovenは、2019年香港スマートデザイン賞を受賞しています。機能性だけではなく、デザイン性も高く評価されているということ。

せっかくキャンプ道具をそろえるなら、デザインも気に入ったものを使いたいですよね。そういう意味でもStove Top ovenはお勧めできそうです。

さまざまな熱源に対応

20200306-stovetop04
Image: raultrading


Stove Top ovenは、アウトドア用ガスストーブ、OD缶タイプ、CB缶タイプ、七輪、炭火バーベキューコンロ、ホワイトガソリンバーナー、ツインバーナーなど、さまざまな熱源に対応します。

アウトドア用ガスストーブなどはすでにお持ちに方も多いはず。追加の機材を買わなくて済むのは助かります。


マルチオーブン「Stove Top oven」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを開始し、執筆時点で限定10個が30% OFFの24,600円(送料込)からオーダー可能となっています。気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。



>> マルチオーブン「Stove Top oven」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by