2021年はARMベースのMacがザクザク登場するかも

  • 14,783

  • author 塚本直樹
2021年はARMベースのMacがザクザク登場するかも
Image: AKA-PHOTO / Shutterstock.com

性能が気になる。

以前にも何度かお伝えしたARMベースのMacの噂ですが、新たな報告によると、2021年にはデスクトップからラップトップまでARMベースのMacが登場するかもしれません。

アナリストのミンチー・クオ氏が伝えた、今回の情報。クオ氏によれば、アップルが独自開発のARMプロセッサをMacに搭載することで、処理性能あたりのコストを40〜60%削減やWindows PCとの差別化、そしてIntel(インテル)プロセッサのロードマップに影響されることなくMacを刷新できる、などのメリットがあるそうです。

インテルへの依存が減らせることはARMベースのMacで何度も語られてきましたが、個人的に気になるのは「処理性能あたりのコストの削減」という指摘。もしかしたら、ARMベースのMacはこれまでのMacよりも廉価に投入されるかもしれません。

クオ氏はその他にも、2022年にMacがUSB4に対応することを報告しています。USB4はThunderbolt 3をベースに開発された新規格で、最大転送速度40Gbpsを実現します。こちらも先の話とはいえ、なかなか楽しみです。

これまでモバイルデバイス(やサーバー)向けに採用されてきたARMベースのプロセッサが、ラップトップやデスクトップでどれほどの性能を発揮するのか…まずは、アップルからの新製品を待ちたいものです。


Source: MacRumors

ARMベースのMac ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい