バッファローからフリスク大のSSD。容量は960GBまでで少なめだけど、小回り効いてよさげ!

  • 21,006

  • author 岡本玄介
バッファローからフリスク大のSSD。容量は960GBまでで少なめだけど、小回り効いてよさげ!
Image: BUFFALO

このサイズ、だんだんUSBメモリーに近付いてきた?

クレジットカードよりも小さい、ブレスミントの箱サイズのUSB 3.2(Gen 1)ポータブルSSD 「SSD-PSMU3シリーズ」 が発売されます。作ったのは、コンピューターの周辺機器で、カユい所に手が届く BUFFALO (バッファロー)。

そのサイズは、バッファローの外付けSSD史上最小という59.5mm×33mmとなっています。フリスクサイズ! 小さい!

容量は4種類、色は3種類

120GBの5,700円、250GBの8,300円、480GBが1万3200円で、960GBだと2万2300円というお買い求めやすさ。色はそれぞれモスブルー、ウルトラホワイト、スモーキーピンクの3色が揃っています。

またType-A端子のUSBのケーブルだけでなく、Type-A to C変換アダプターも付属しているので、MacBookで重いデータを作ってしまったクリエイターさんたちにも重宝されますね。

携帯と移動時のことをよく考えている

移動時にウッカリ落としたり踏んづけたりしても平気なよう、米国MIL規格「MIL-STD-810G 516.6 Procedure IV」に準拠しているので、高い衝撃や振動でも壊れにくい造りとなっているのも嬉しいところ。

このサイズなら複数個ゲットして、それぞれ写真や動画やフォトショやイラレなど、データを分けて保存するのもアリかと思います。クライアントなどとやり取りするにも、気軽に手渡しできそうですね。

PS4にも対応&コンピューターの故障を予測

「PS4かんたん接続マニュアル」も同梱されており、PS4からインストール済みのデータを移し替えるのが楽チンです。このSSDからなら、ゲームの起動やロード時間も速く快適になるはず。たとえば『モンスターハンター:ワールド』は内蔵HDDより約79%もロード時間が速くなり、83.7秒から17.6秒という脅威の時短を見せたそうです。待ち時間のイライラ解消!

さらには故障予測サービス「みまもり合図」にも対応しており、もしパソコンのクライアントソフトがSSDの故障を予測すると通知が出るので、データ損失を回避できます。もしもアクセス不能となった場合でも、保証期間内なら「バッファロー正規データ復旧サービス」でデータ復旧が無料というサービスも付いているので、至れり尽くせりといった感があります。

もちろんノートPCだけでなく、デスクトップに繋いでもOK。制作物は全部こっちに逃しておいても良いですね。発売は2020年3月下旬なので、もうすぐです。

Source: BUFFALO

SSD-PSMU3シリーズ ほしい?

  • 0
  • 0
BUFFALO

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by