コロナで死者が出たサンフランシスコ沖のクルーズ船に、検査キットを落とす空軍機

  • 19,693

  • author satomi
コロナで死者が出たサンフランシスコ沖のクルーズ船に、検査キットを落とす空軍機
Photo: NBC News/YouTube

ロープで懸垂下降…。

サンフランシスコ発着のクルーズ船「グランド・プリンセス号」から先月下船した71歳の男性がコロナウイルス(COVID-19)で死亡し、感染4名、急死1名、残った乗客・乗員3500人中35人に症状が出たのを受け、州知事は非常事態を宣言し、5日に、100人分の検査キットを急ぎ空輸しました。

検査で無事が確認されるまで、沖合に歩留まりとなります。

陸では報道ヘリが遠巻きに空軍機を追って、ウイルスをばら撒かないようにウォッチング。救急車を護衛のパトカーが前後で守る物々しい警戒ぶりで、採取サンプルはリッチモンド市内の検査施設に運ばれました。遅くとも明日には結果が出る予定です。

米国は感染250人、死者15人。クラスタ地域でGAFMが出社自粛令

米国では検査枠拡大で感染確認が急ピッチで進んでおり、感染者は20州250人になりました。死者15人中14人はワシントン州で、シアトル近郊の特別養護老人ホームがクラスタと化しています。

これを受け、Microsoftはシアトルとサンフランシスコ・ベイエリア(シリコンバレー含む)、ふたつの拠点で全社員に25日まで出社を控えるよう命じ、「さすがビル・ゲイツ」と言われています。 そうこうするうちシアトルの同社とAmazon、Facebook社内で感染が確認され、Googleも含めてワシントン州内は在宅勤務となり、少し遅れてAppleもシリコンバレーの本社とシアトルの2拠点で在宅勤務体制になりました。

だけど、このたびのクルーズ船は、前半と後半で合わせて5000人以上なので、特養施設とは規模が違います。

NBC News/YouTube

クルーズ下船後、死亡した男性

カリフォルニア初の死亡者となった男性は、先月11~21日(米時間)、約2500人を乗せたグランド・プリンセス号でメキシコを周回し、サンフランシスコに戻って下船して発症。サクラメント近郊プレイサー郡の自宅で安静にしていたのですが、27日、救急車で病院に運ばれて、検査で2日陽性と確認され、次の日には死亡しました。

同じ周回ルートで下船したほかの2人からも感染が確認され、さらに3人が症状を訴えていますので、感染源は船内とみてほぼ間違いないとみられています。

乗客が感染していたというニュースを見て、元乗客の方々は、「クルーズ船運用会社プリンセス・クルーズ社(プリンセスダイヤモンド号と一緒)に問い合わせたんだけど、大丈夫大丈夫と繰り返すばかりで取り合ってもらえなかった」「病院や保健所にいくら電話しても、検査基準外と断られて特定が遅れてしまった」と、現地のメディアで証言しています。

シリコンバレーの元乗客も原因不明の突然死

…と書いていたら、シリコンバレーでも警察による会見が開かれて、今度はサニーベール(Yahoo本社のある市)の72歳の男性が呼吸困難で意識不明になって、救急隊員の心肺蘇生も虚しく死亡した、と発表されました。こちらの方はコロナウイルスと特定されてはいないのですが(理由は上記のとおり)、初の死亡例の男性と同じクルーズ船から下船した元乗客ですので、当局は念のため救急隊員を観察中とのことです。 また、同じサニーベール市にあるロッキード・マーティン支社でも社員の感染が確認されています。

感染者を含む集団が下船してから、明日で14日のXデー

メキシコ周回後、2500人のうち60人はそのまま船に残ってハワイを周回しました。その残留組と新規乗客・乗員合わせて総勢3500人が、ゴールデンゲートブリッジをくぐってサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフに戻ってくる…というわけです。知事は昨夜の緊急記者会見で200人を大至急検査する!と言ってましたが、今日の空輸のニュースでは「100人分」とあります。数がそろわなかったのかもしれませんね。

新型コロナウイルスの潜伏期間は14日で、明日は感染者を含めた集団が下船してから14日の節目に当たります。これで全員陰性なら、めでたしめでたしで下船できます。

ただ、単純計算でその数2440人となる、先に下船した乗客・乗員(半分はカリフォルニア州民)は、検査もせず普通に暮らしていると思うと、めまいが…。

2020年3月7日12時20分:状況のアップデートにより、初出時より一部情報を修正しております。

Sources: Twitter@keaneli, AirForceTimes, SunnyvalePDS

    あわせて読みたい