掃除機のダイソン、対コロナ用に10日間で新型人工呼吸器をデザイン

  • 10,137

  • author 岡本玄介
掃除機のダイソン、対コロナ用に10日間で新型人工呼吸器をデザイン
Image: CNN BUSINESS

ダイソンなら期待できそう。

吸引力の変わらないただひとつの掃除機や、羽根の見えない扇風機やヘアドライヤーなどで家電に革命を起こしてきたDyson(ダイソン)が、新型コロナウイルス感染者のために新型人工呼吸器「CoVent」をデザインしました。

ダイソン氏が政府から依頼された

CNNいわく、ジェームズ・ダイソンがイギリス政府から1万台の注文を受け、これを10日間で設計し、現在製造中とのこと。そして、さらに5,000台を寄付するとCNNに話したとのことです。「CoVent」は急騰している需要に合わせ、短期間で効率的に大量生産ができるよう考えられているのだそうです。

確かに、ダイソンの製品はどれも空気の流れを扱うものばかりなので、その技術を人工呼吸器に転用するのは難しいことではなさそうですよね。実際、筆者の家でも掃除機とヘアドライヤーが大活躍しているので、その実力は毎日目の当たりにしています。

他のメーカーも

TeslaやSpaceXのイーロン・マスクCEOも、自社工場の設備で「人工呼吸器足りないなら、作るよ」とツイートし、別途Ford(フォード)とGM(ゼネラルモーターズ)も製造することが明らかになりました。

その他イギリスでも、保健省がロールスロイス、エアバス、ジャガーランドローバーなどの自動車・航空機メーカーに人工呼吸器の設計図を提供したりと、各企業が一丸となってコロナウイルスと戦っています。

またイタリアの病院では人工呼吸器の弁が不足し、3D印刷で複製したおかげで急場をしのいだこともあったりと、小さなパーツが命を救ったことっもありました。

今は大変な時期ですが、ここで蓄えたノウハウが工業と医療のレベルを何段階も押し上げてくれそうな気もします。

Source: CNN BUSINESS via bOinGbOinG, WIRED

あわせて読みたい

powered by