テンキーやダイヤルなど、自由に合体できるモジュラー式メカニカルキーボード

  • 8,541

  • author 岡本玄介
テンキーやダイヤルなど、自由に合体できるモジュラー式メカニカルキーボード
GIF: KICKSTARTER

合体・分離・交換が自由なメカニカルキーボード。

ドイツのフライブルク市にあるMountainGG社が、拡張機能を持たせたメカニカルキーボード「Everest」を作り、KICKSTARTERで資金を募集しています。

これはフルRBGのバックライト付きで、本体の左右どちらにでも、テンキーダイヤルを合体でき、メカニカルキーのCHERRY MXも赤・青・茶と好きな軸にホットスワップが可能。加えてリストレストもくっつき、角度も背面に磁気ライザーの足を追加して変えられます。さらにはアルミ削り出しのフェイスプレートもあるなど、とにかくカスタマイズ性に優れた一品となっています。

Video: Mountain Gaming/vimeo

開発者たちはゲーマーの集まりだというので、彼らが欲しい物を全部盛りにしたのでしょうね。なので特にゲーマーにお勧めかと思います。

便利なモジュールあれこれ

テンキーには4つのショートカットキーがあり、アイコンを表示させられるのも便利。ソフトの起動もお気に入りサイトへの移動も設定できます。

このように合体し、USB-Cで繋ぎます。

メディアコントロールモジュールというディスプレイ付きダイヤルは、磁石によりキーボードの上辺のどこにでも付けられるという柔軟性です。音量も画面の明るさも、RGBライトの調節も、お絵描きソフトのブラシ変更や時計やストップウォッチ機能もあってとても優秀です。

CHERRY MXのキーは自由に付け替えが可能で、すべてリマップできて独自の入力設定ができます。それにN-Key Rollover機能で、同時押ししたキーすべてを認識できるとのこと。

背面の高さはこうやって調節できます。

こんなに至れり尽くせりなキーボード、そうそうお目にかかれないんじゃないでしょうか?

キャンペーン中はかなりお買い得

KICKSTARTERではいくつかのプランがあり、フルセットだと199ユーロ(約2万3300円)、キーボードとCHERRY MX3色のうち、いずれかの組み合わせが99ユーロ(約1万1600円)、これにリストレストを付けたら124ユーロ(1万4500円)など、好みに応じて注文ができるようになっています。

執筆時は20日を残し、285人が692万円近い出資金を調達していました。目標金額は約234万円なので、期待のほどが伺えますね。

こんなキーボードが欲しかった

個人的な経験になりますが、そんなに使用頻度が高くないテンキーが右側にあると、マウスからキーボードへの妨げになると考え、左利き用キーボードを探したことがあったり、デザインの仕事もするのでダイヤルがあると便利だろうと思っていたり、そういったニーズにこれ一台で応えてくれるのが「Everest」だな、と思いました。

効率的な作業をしたいと考えている人なら、ポチるしかないですね。

Source: MountainGG, vimeo, KICKSTARTER via hackster.io, CHERRY MX, Twitter

Everest ほしい?

  • 0
  • 0
KICKSTARTER

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by