太陽光で蝶より速く羽ばたく翼、その動きで進むことも発電もできる

  • 10,714

  • author 岡本玄介
太陽光で蝶より速く羽ばたく翼、その動きで進むことも発電もできる
Image: NEW ATLAS

結構バタつくけど、次世代の発電システムになりそう。

中国の常州大学と江蘇大学がチームを組み、ポリマーシートをナノ結晶金属膜でコーティングした、「フレキシブル・バイオ・バタフライ・ウィング (FBBW) 」という素材を開発しました。

これは太陽光の熱でクルっと丸まり、自ら作った影で温度が下がるとまた開く性質を持つので、その結果パタパタと動くことになるのです。Futurismいわく、この運動は1秒間に最大4.5回繰り返すことができ、蝶より速く羽ばたく翼となるのだそうです。

Video: American Chemical Society/YouTube

太陽光で発電された電力で作動するのではなく、ダイレクトに太陽熱で動くというのが良いですね。

新たな太陽光発電に使えそう

複数枚を風車のように使えばグルグル回転するので、そのまま発電などにも使えそうですし、また1枚だけでも、1平方cmにつき100mWの電流を発電できるので、まったく新しいタイプのソーラーパネルも作れそうです(その際はパネルの中で無数のシートがパタパタ蠢いていそうですが…)。

他にも帆船のような玩具にもなりそうですし、円筒状にしてコロコロ転がったり、螺旋状に巻いてウゴウゴしたりして、たとえばホースを持たせて庭や畑で水撒きをさせるなど、応用の可能性は無限にありそうな気がします。

研究者たちは、いつかは空飛ぶアニマル・ロボットなどに採用されるかもしれない、と期待していますが…この動画だけでは揚力が得られそうな雰囲気はイマイチないかなぁ?という気がします。

小型の虫型飛行ロボは他にもある

ちなみにですが、過去には蝶ではなくキイロショウジョウバエをモデルした、パタパタと宙を舞うロボットDelFly Nimbleも開発されています。それは1秒間に17回羽ばたくと揚力を生む機構だったので、今回の「FBBW」で飛ぶには更なる研究が必要そうですよね。

将来この技術が、どんな使われ方をするのか楽しみです。

Source: YouTube, ACS via PHYS ORG, NEW ATLAS, Futurism

ワサワサするソーラーパネル ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい