唾液だけで祖先まで分かる時代。ガンの治療も大きく変わる?

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
唾液だけで祖先まで分かる時代。ガンの治療も大きく変わる?
Image: Mugendai(無限大)

知りたいような、怖いような。

医療分野におけるテクノロジーの進化は目を見張るものがあり、2003年には人間の遺伝子情報である「ヒトゲノム」の解析が完了したと話題になりました。

それからはや十数年。現在、遺伝子界隈はどのような状況なのでしょうか。IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、唾液だけでさまざまなことが分かるサービスを展開する注目のベンチャー企業が登場。業界の現状や未来について語られていました。

病気や祖先が分かる遺伝子情報。このまま進むと医療はどうなる?

インタビューに登場していたのは、東京大学大学院在籍中に株式会社ジーンクエストを起業した高橋祥子さん。同社は、唾液を送付するだけで、がんや生活習慣病のリスク、アルコール耐性や記憶力、および自分の祖先など、何と約300項目の遺伝情報が分かるサービスを展開しています。

これだけで十分な気もしますが、これから遺伝子情報の解析が進むと医療分野はもっと進化するといいます。

例えば遺伝子の変異である「ガン」は、変異している遺伝子を調べ、その人の遺伝子に合わせた治療がスタンダードになると高橋さんは指摘。他にも、以下のように語っていますよ。

がんだけではなく他の疾患も、遺伝子に合わせた「オーダーメイド医療」や「ゲノム創薬」といった、最適な治療法を選択できるようになるはずです。医療以外の運動、食事、栄養、ストレス、美容などの様々なヘルスケアの領域においても、その人の遺伝子に合わせたソリューションの提供が可能になるだろうと思います。

その他にも、100%罹患すると分かる病気の遺伝子情報や、それを伝えるべきか否かの倫理的問題など、遺伝子解析の今が分かるインタビューの続きは、Mugendai(無限大)よりお楽しみください。


Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by