その名も「ガーディアン」マスク。抗菌性グラフェンのフィルター+電気で滅菌のハイテクマスク

  • 12,175

  • author 岡本玄介
その名も「ガーディアン」マスク。抗菌性グラフェンのフィルター+電気で滅菌のハイテクマスク
Image: INDIEGOGO

そもそもグラフェンが抗菌というのがイイですね。

開発に5年の歳月をかけ、やっと完成したという電気で滅菌するメカニカルな抗菌マスク。これが新型コロナウイルスで世界中が大変な時期にちょうどお目見えとなり、INDIEGOGOで資金募集を開始しました。

抗菌グラフェンに電荷が流れる

マスクの名前は「Guardian G-Volt Graphene Breathing Mask」。フィルターは細菌を寄せ付けにくい、抗菌性のレーザー誘導グラフェン製で、モバイルバッテリーをマスクの横にあるUSBポートに繋ぐと、低い電荷がマスクに流れて繊維に付着した細菌やウイルスを滅菌します。

Video: LIGC Aplications/YouTube

開発元いわく、0.3ミクロンを超える粒子に対して99%の効果があるとのこと。何度も再利用が可能で、交換時期はLEDが光ってお知らせしてくれるのだそうです。しかし交換後にマスクを洗うことは推奨されておらず、自宅でUSBから通電して滅菌するか、抗菌スプレーを吹きかけるのが良いとあります。

またdezeenによりますと、このマスクはイスラエルにあるネゲヴ・ベン=グリオン大学と、アメリカのライス大学でテストされているとあります。ベン=グリオン大学で環境科学を専門とするアーナッシュ博士いわく、実験の時に2つの電極を使い、間に置いた細菌が片側の電極に引き寄せられて死滅したこと発見し、この製品開発へと繋がった、と話しています。

Video: LIGC Aplications/YouTube

安くはないけどセット買いが人気

気になるお値段は、ひとつ約4,000円。4枚セットだと約1万円、8枚だと約1万5,900円で10枚だと約1万8,400円と大変お得になっています。安いプランが人気かというとそうでもなく、4枚セットが90名超えの1番人気で、8枚も10枚もすべて限定200セット中20や40近い予約数が見られるのが興味深いところです。

クラウド・ファンディング的には、執筆時42日を残し、168名から200万円を超える出資金が集まっていました。目標金額は300万円ほどですが、世界的な需要からアっという間に達成するのでは? と思われます。

いろんなマスクがありますが

ハイテクなマスクといえば、最近シャオミが空気汚染や呼吸データを計測するスマート・マスクの特許を米国で取得したり、自分の顔半分をプリントして顔認証を可能にする、テクノロジーをハックする医療用マスクが発表されたりして、コロナ騒ぎでいろんな種類のものが注目されるようになりました。

INDIEGOGOの質問ページには、「コロナウイルスを100%阻止するマスクはない」と書かれていますが、「Guardian G-Volt」のテッキーなアプローチは面白いですね。いつの日か、この技術が空気清浄機など、その他のフィルターにも応用されても良さそうです。

Source: YouTube (1, 2), INDIEGOGO via dezeen

Guardian G-Voltマスク ほしい?

  • 0
  • 0
INDIEGOGO

シェアする

あわせて読みたい