【閲覧注意】〇〇で遊ぶカモメ

  • 25,134

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • satomi
【閲覧注意】〇〇で遊ぶカモメ
image: JENNIFER LEIGH WARNER / CATERS NEWS|獲物だ獲物だ~ウッホホホ~

ミル貝? いえいえ…。

環境保護運動の写真家Jennifer Warnerさんが、ゼニガタアザラシの出産シーンを撮影しにサンディエゴ北のラホヤ海岸にある潮だまり「チルドレンプール」に出かけたら、何やら子カモメがゴミみたいなものをくちばしにくわえてギャーギャー取り合いになっているではないですか。

はは~んゴミだな…と思ってパシャパシャパシャッ。あとでズームインしてみたら、そこには世にも奇妙な物体が写っていたのです!

20200225dildo_a
JENNIFER LEIGH WARNER / CATERS NEWS

「最初は何かわからなくて、うんざりしてました。プラごみ汚染は本当に深刻な問題ですからね。でもその正体に気づいてからは、もう笑うしかありませんでした」(米Gizmodoの取材に答えて)

チルドレンズプールは三日月形の海岸で、子どもが波にさらわれないように防波堤で守られています。動物の子育てにもぴったりで、1996年ぐらいからアザラシが名物になり、市がビーチを閉鎖したら住民に訴えられて、2018年には「出産期(冬場)だけビーチ閉鎖OK」という判決が出たばかり。ほかにもカモメなどの野生動物がいっぱい。だからこんな写真が撮れるんですね。

20200225dildo_b
ぎゃー落としちゃった
Image: JENNIFER LEIGH WARNER / CATERS NEWS

ラホヤはヌーディストビーチもありますもんね…。

カモメ愛好家が集まるFacebookグループによると、カモメは幼鳥で、主に西海岸に生息するアメリカオオセグロカモメとのこと。背中が灰色なのが目印です。アザラシの産後の後片付けも大切な役目みたいですよ。子カモメたちはディルドを投げて、追いかけて、ひとしきり遊ぶと、口にくわえて 空の彼方に飛び去っていきました。

20200225dildo_c
だめ! 私の!
Image: JENNIFER LEIGH WARNER / CATERS NEWS

ちょっとアレですが、人間と動物の共存を追い求め続けているJenniferさんは写真がバイラルヒットになって大満足。海のプラごみ問題に少しでも関心が高まればと話しています。

    あわせて読みたい