ハンドルは卒業。エヴァの操縦席のようなレバーで運転する電気自動車

  • 36,314

  • author 岡本玄介
ハンドルは卒業。エヴァの操縦席のようなレバーで運転する電気自動車
Image: HYUNDAI

大型アーケード筐体のコックピットみたい。

韓国の自動車メーカーHYUNDAI(ヒュンダイ)が、人間と自動車の感情的な繋がりを構築するという構想の下、コンセプトEV「Prophecyプロフェシー/預言の意)」を作りました。

外見はポルシェ911のようにツルンとしているものの、車内にはハンドルがなく、あたかも『新世紀エヴァンゲリオン』でシンジやアスカが操縦するコックピットのような、レバーが運転席の左右に設置されているのが斬新です。

Video: HyundaiWorldwide/YouTube

これはエヴァ何号機ですか?

デザイナーはリビングルームのような車内空間を目指し、ジョイスティックのように直感的に運転できるシステムを考案したことで、内装をより広くすることに成功しました。

HYUNDAIいわく、このジョイスティックは左右に動くようになっているようで、ボタン類から運転以外のさまざまな機能を操れるそうです。しかし左のスティックはドアにあるわけですが、扉の開閉もこれなのでしょうか?

コロナウイルスで展示が中止に

「Prophecy」は、第90回ジュネーブ国産モーターショーで展示予定だったのですが、開催国のスイスでもコロナウイルスの感染症が報告されたため、中止になったので誰も実車を見られなくなってしまいました。

3月15日まで、1,000人以上が集まるイベントは中止にするよう、スイスの連邦参事会が決めた、とショーのプレスリリースに書かれています。

コロナウイルスの影響は今しばらく続きそうな気配です。「Prophecy」の実車がお目見えするのは、いつ、どこのモーターショーになるでしょうか? 人が乗ってレバーをガチャガチャする姿を見てみたいものですね。

Source: YouTube, Twitter (1, 2, 3), motor1, HYUNDAI, GIMS

Prophecy ほしい?

  • 0
  • 0
HYUNDAI

シェアする

あわせて読みたい

powered by