EOS R5が欲しくなっちゃう! キヤノンの新クラウドプラットフォーム「image.canon」は4月14日サービス開始

  • author 三浦一紀
EOS R5が欲しくなっちゃう! キヤノンの新クラウドプラットフォーム「image.canon」は4月14日サービス開始
Image: キヤノン

RAWだってクラウドに保存できる!

キヤノンが開発発表をしているフルサイズミラーレス一眼「EOS R5」。魅力的な仕上がりになっている本機ですが、そのなかでとても気になる新機能が。それが「image.canon」(イメージ・ドット・キヤノン)です。

このimage.canonのサービス開始日が2020年4月14日(火)と発表されました。と、いうことは…。EOS R5もそのくらいには出るのかな? 期待しちゃうぜ!

オリジナル画質のままクラウドに保存できる

200323imagecanon-02
Image: キヤノン

image.canonは、カメラとクラウドが一体化する「コネクテッド・カメラ」をコンセプトとした新クラウドプラットフォーム。EOS R5など自動転送機能を搭載したカメラからWi-Fi経由で、静止画や動画をオリジナル画質のままクラウドストレージ「image.canon」に自動転送してくれるサービスです。保存期間は30日。

200323imagecanon-03
Image: キヤノン

その間は、クラウド上からパソコンなどにダウンロードすることが可能です。30日経過後も長辺2,048ピクセルのサムネイルはimage.canon上に保存されます。なお、10GBまではオリジナル画質のまま長期保存が可能となっています。

これだけで神サービスの予感がプンプンします。それ魅力。

200323imagecanon-04
Image: キヤノン

それだけじゃないんですよ。サービス開始時は、Googleドライブへ自動で静止画・動画を転送することも可能。2020年6月からは、クラウドストレージサービス「Google One」(メンバーシッププラン)経由でのGoogleフォト、そしてAdobe Creative Cloudとの連携も予定されているので、ますます心惹かれます。

image.canon使ってみたいという人は、まずEOS R5買わないといけないわけですが、image.canonのおかげでEOS R5が欲しくなっちゃいます。ぜひサービス開始したら使ってみたいですね。

Source: キヤノン

image.canon ほしい?

  • 0
  • 0
キヤノン

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by