水の噴射で空を飛び、火まで消しちゃうロボット。その名も「ドラゴンファイヤーファイター」

  • 5,230

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
水の噴射で空を飛び、火まで消しちゃうロボット。その名も「ドラゴンファイヤーファイター」
Image: Mugendai(無限大)

アイアンマンも真っ青。

言うまでもなく、自然災害の多い我が国日本。ここ数年の気候変動で、その頻度は増しているようにも感じます。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、災害現場で活躍するロボットが紹介されていました。何でも、空を飛びながら放水する「消火ロボット」なんてものがあるらしいのですが。

人が入れない場所で活躍。効率も抜群な消火ロボットとは

インタビューに登場していたのは、東北大学の田所諭教授。これまでに災害対策ロボットを多数開発し、内閣府のImPACT革新的研究開発推進プログラムであるタフ・ロボティクス・チャレンジのマネージャーも務める、まさにこの道のプロです。

気になる消火ロボットとは、田所教授が2016年から研究に取り組んでいるもの。ホースの水を下向きに噴射しながら空中を移動し、火元に直接放水するというスゴ技を持つそうで、熱画像カメラが取り付けてあるため、水を無駄にしない効果的な消火も得意なのだそう。

水の噴射で空を飛び、火まで消しちゃうロボット。その名も「ドラゴンファイヤーファイター」
Image: Mugendai(無限大)

「ドラゴンファイヤーファイター」というかっこいい名前がついた世界初の空飛ぶ消火ロボットは、実用化すれば消防士が入れない高層ビルなどでの活躍が期待されるそうですよ。

他にも、炎の中でも物をつかめる「耐火柔軟グリッパ」や、「建設ロボ」「サイバー救助犬」「索状(ヘビ型)ロボ」「脚ロボ」など、ロボット好きの心をくすぐりつつ、災害対策の重要性についても学べるインタビューの続きは、Mugendai(無限大)よりお楽しみください。


Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by