ネットに溢れる、グラフ化された私たちの不安

  • author Whitney Kimball - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kaori Myatt
ネットに溢れる、グラフ化された私たちの不安
Image: dooladooladoo/Reddit

SNSを開けばコロナコロナコロナ。

公式にパンデミックとなり、感染者の爆発的増加を横目に世界は恐怖におののいています。冒頭のグラフはRedditの投稿。新型コロナ関連が67%と投稿の多くを占めているという事実は、さほど驚くべきことでもないのかも。欧米は新型コロナウイルス(Covid-19)でとんでもないことに。不安だからつい見ちゃう。見ない方がいいと思ってもやっぱり見ちゃうんですよね。

私が住んでいるフランスでは会社がおやすみになって暇にしてる人たちは、いても立ってもいられないのか日曜大工に精を出したりして暇つぶし。ここヨーロッパと、そしてアメリカでは元気な人たちは大きな不安を抱えながら、なんとか時間をつぶそうとしているんです。ついつい覗いちゃうよね、SNS。




インターネットミームは、基本的には世界の声を反映することにその役割があるのかもしれません。世界人口の多くは、新型コロナ対策の自己隔離中でフラストレーションのまっただ中。トイレットペーパー関連の投稿だけでなく、映画キャラ関係、猫、スーパーの棚ガラ空きのショッピングシーン、 ベン・アフレックなどなど、インターネットにはミームが満載。“ME RN”(Me right now)伝えたい、今この瞬間の自分をアピールしたい人がコロナに乗じてハジけている姿も先週お伝えしました。 自宅隔離措置で精神状態が不安を超えてハイになったりして自己表現もピークにきているようです。缶詰製品、同居人、健康について...いろんなネタでイラストや地図やグラフなどを、不安な気持ちに絵心こめて創り出し、不条理と狂気に合理性を与えようと、また一つ新たな次元のアートすら生まれようとしているかもしれません。


この時代は、アナリストにとっては稀有な時代と言えます。 アメリカ疾病予防管理センターやWHOのデータがTwitterを飛び交い、 未曾有のデータ量が行き来してうずたかい「塔」を築き上げ、デマとフェイクニュースと正しい情報が洪水となってわたしたちに押し寄せてきます。スペイン風邪をしのぐ勢いの新型コロナウイルス。それについて語るアーティストの丸みある手描きの作品や、いかにも素人が作ったフォトショ作品は凝ってるものもあり、この不安な局面にほっこりスマイルをもたらしてくれます。

不安のトライアングル

View this post on Instagram

Worry triangle

A post shared by Liana finck (@lianafinck) on


アーティストのリアナさんは、「不安のトライアングル」と題して、見事に自分の不安を観察し、静けさを湛えながらシンプルに不安を描き出しています。

作り直されたマイカレンダー

View this post on Instagram

Updated March schedule

A post shared by Matt Shirley (@mattsurelee) on

もしかしたら、インテリアデザインに目覚めた人だっているかもしれません。(ソファを移動させて部屋の模様替えにいそしんでる人だって)。おやつを食べたり、捨てられずにおいている雑誌を整理している人もいるかもしれません。もしかしたら、今まで以上に仕事に精を出しているかもしれません。もしかしたら、たっぷりとある時間を楽しんでいる人もいるかもしれません。


マット・シャーリーさんはオリジナルカレンダーを作っています。 3月のカレンダーはすでに作っていました。ピンクは「外でお酒を飲めるかもしれない日」、緑は「アイルランドのお酒に感謝する日(セント・パトリックデー)」黄色は「公式に花粉症が訪れる日」、オレンジは「日が長くなったよね、と感動する日」...。と面白おかしく3月のカレンダーはのどかなものでした。ところがコロナのおかげで新しいカレンダーを作るハメに。ピンクは「外でお酒を飲めるかもしれない日」でしたが、緑は「自宅勤務したいなと思った日」に、オレンジは「自宅勤務したかったと思ったのは幻」だった日に変わっており、木曜以降は悲しいかな黄色の「恐怖に包まれた日」が続きます。シャーリーさんは自分が学んだデータのまとめも作っています。またコロナウイルスをテーマにしたビンゴまで。


View this post on Instagram

I have learned things.

A post shared by Matt Shirley (@mattsurelee) on


トイレットペーパーは「秩序にして中立」?

2
Image: quintesentialy/Reddit

ロールプレイングゲーム『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のアライメント(属性)ってご存知ですか? どのキャラクターがどんな性格かを表す手法で、「善、中庸、悪」と「秩序、中立、混沌」の組みあわせで表現されます。

海外では『スター・ウォーズ』などいろんなキャラクターをこの属性に当てはめるという遊びがあって、Reddit ユーザーのquintesentialyが「買いだめアイテム」で作ってくれました。

このシナリオに沿うなら、ハン・ソロ(混沌にして善)は洗濯用洗剤を買い占めるし、ダース・ベイダー(秩序にして悪)はリップクリームを買いだめます。ボバ・フェット(中立にして悪。異論ありそう)はギリシャヨーグルト。ジャバ・ザ・ハットも「中立にして悪」にポジションされがちですが、奴はトイレットペーパーをめっちゃ買い占めてそう。

地図への影響を妄想してみる

3
イラスト: Charles472/reddit

Redditにはいろんなはちゃめちゃコミュニティがあります。この「空想マップ」コミュニティはプロ意識に溢れ歴史にかんする深い知識が要求される、極めてマニアックなコミュです。コメントを読み始める前に、まず最低限でもハプスブルク家の歴史について知っておかないと面白さすらわからないかも。プチ歴史家が集まるこの「オルタナティブ・タイムライン・マップ」は、植民地主義がこうだったら、とか連邦政府が分断されていたら、など仮説を立てながら歴史の行方を探求する人たちが集まってあれこれ談義する場所です。例えば、17世紀にスウェーデンとデンマークが休戦していたらデラウェア州は「新スウェーデン」になっていたのではないかというような具合です。

もちろんこのコミュの最新の話題も「Covid-19」。新型コロナが地図にどのような影響をもたらすのか。ハンドル名「Charles472」は、検疫によって引き起こされた大不況下で、サンダースとトランプの対決が暴動を引き起こし、トランプは選挙を中断し、現代史の中で最も血みどろの争いの果てに何が起こるか、その予想を立てています。空想のマップではありますが、現実的すぎてそら怖くなりますね。

また、空想の地図中ではウイルスに対する不安が原因でオーストラリアには新しい派閥が生まれ、イタリアの崩壊で“ジーザスランド”と呼ばれる新国家が誕生しています。


また、このコミュにいる人たちは非常に先見の明があるため、コメントには要らぬおせっかいが長々と書き連ねられていてそれも独特の味を醸し出しています。

手洗いであまり洗えていないところ

4
Image: GlitterPlatypus/Reddit

Redditの「クールなグラフ」フォーラムには、こんなイラストも登場しました。 英国のロイヤル・カレッジ・オブ・ナーシングもこのデータを推奨しています。 見やすくてよいイラストですね。

おうちでリラックス

「自分は」「自宅にいる」「リラックスしてる」が重なる円グラフはミュージシャン@joekay さんの作品。自宅にいてリラックスしてる雰囲気がよく伝わっています。



世界のあちこちでは家から出られなくて全世界のヒマな人たちがいろんなアートを作っています。ぜひSNSで探してみましょう。

    あわせて読みたい