街中のIoT機器がどんな情報を収集しているのかを知らせるアプリ

  • 6,075

  • author 岡本玄介
街中のIoT機器がどんな情報を収集しているのかを知らせるアプリ
Image: cmuCyLab/YouTube

街中でどんなIoT機器が自分を見ているのか、考えたことありますか?

カーネギー・メロン大学が、駅や商業施設などで、知らぬ間に自分を追跡しているIoTデバイスを見つけるアプリ「IoT Privacy Assistant」を開発しました。

外にはいろんな監視システムがいっぱい

外出先には、知らない人が設置した顔認証カメラや、Bluetooth、音声アシスタントなどがたくさんあります。私たちはそんな中で暮らしていますが、決してそれらの機器に自分の存在を知らせることに同意していません。

最近ではたとえば、EU一般データ保護規則や、カリフォルニア州 消費者プライバシー法といった個人情報を保護するための法律もありますが、実際問題、街中で大都市の通行人ひとりひとりに情報採取の同意は求められませんし、私たちもいちいち同意などしていられないのが現実でしょう。

そこで作られたのが、デジタル的に危機管理意識の高い人たちが自衛策として使えるこのアプリなのです。

Video: cmuCyLab/YouTube

IoT機器の所有者は、それらの機器をクラウドに登録していることが多く、アプリがそうした情報を検索することで詳細な情報がわかります。

またこれを使えば、もしオプトアウトが可能なら自分を追跡しないよう選択ができ、ユーザーも発見した機器を登録し、皆のためにIoT機器のライブラリーを増やすことができます。

200225_iottrucker2
Image: App Store

DARPAからの助成金で開発

Cylabによりますと、実はこのアプリはトンデモ科学で軍事機器の開発を行うDARPAから助成金を受けているのだそうです。DARPAとしては、大規模な情報収集と分析が、ネット通販や公衆衛生問題への対処、それにテロ活動の抑止など社会生活をより良くするという観点から「ブランダイス・プロジェクト」を立ち上げ、その研究に寄与する可能性を見出して助成しているのです。

「IoT Privacy Assistant」はiOSとAndroidでリリースされています。人々の同意なしに様々なデータを採取するIoT機器に対し、私たちは自衛意識をしっかり持つことが大事ですし、プライバシーについてもっと議論されるべきでしょうね

Source: IOT PORTAL, YouTube, DARPA via Cylab, App Store

    あわせて読みたい

    powered by