トラックパッドでどう変わる? 新型iPad Pro実機ハンズオン

  • 32,309

  • author amito
トラックパッドでどう変わる? 新型iPad Pro実機ハンズオン
Photo: amito

また夢を見たくなるiPad。

新型iPad Proが発表されたとき、僕は心底びっくりしました。カメラが2つになったことや、LiDAR搭載については予想されていましたが、まさか本当にトラックパッドに対応するなんて。しかもトラックパッドとキーボードが一緒になったケース「Magic Keyboard」まで出るなんて。

個人的にこれは大事件です。キーボードに加えて、トラックパッドに対応するとなれば、iPad Proが本格的に仕事に使えるマシンに進化するかもしれません。そのスタート地点に立った気がするのです。

今回、3月25日にリリース予定のiPad OS 13.4がインストールされた新型iPad Pro 12.9インチをお借りすることができました。トラックパッド対応でiPad Proの使い方がどう変わるのかを見ていきましょう。

Video: ギズモード・ジャパン編集部/YouTube
動画でもハンズオンしました!

あらたにLiDAR搭載、その実力はまた今度

20200324_DSCF1657_w1280
Photo: amito

20200324_DSCF1661_w1280
Photo: amito

20200324_DSCF1680_w1280
Photo: amito
底面。USB-Cポートと2つのスピーカー

20200324_DSCF1681_w1280
Photo: amito
右側面。音量ボタン、Apple Pencilの充電部、SIMカードスロット

20200324_DSCF1683_w1280
Photo: amito
左側面。マイクのみ

20200324_DSCF1682_w1280
Photo: amito
上部。スピーカー2つとマイク

20200324_DSCF1732_w1280
Photo: amito
Smart Keyboard FolioはAppleロゴが入ったのが唯一の変化

本体の大きさや厚さは前モデルと変わっていません。重量は10gだけ増えています。

プロセッサはA12Z Bionic。前作のA12X Bionicに比べて熱効率が改善されたほか、グラフィック性能は2.6倍速くなりました。

外見で一番わかりやすい変化はやっぱりカメラ周りですよね。

20200324_DSCF1685_w1280
Photo: amito

今回のiPad Proからカメラが2つに。iPhone 11シリーズと違ってカメラのまわりが光沢のあるブラックで塗りつぶされ、レンズが目立たなくなりました。こっちの方が見た目はかっこいいと思うのですが、iPhoneよりもカメラのまわりのホコリが目立つようになってしまった気がします。

上が超広角カメラ(10MP)、下が広角カメラ(12MP)です。そして右側にあるのがLiDAR。これが発光した光が物に反射して戻ってくるまでの時間を解析することで、最大5mまでの3D空間を認識することができます。また、iPadOS 13.4と同時にLiDARに対応した新しいARKitがリリース予定。つまり、これからLiDAR対応のARアプリがたくさん出てくるんです。LiDARの機能を試すのはそのときまで楽しみに待っておきましょう。

ちなみに純正のカメラアプリではLiDARを活用した新機能はありませんでした。ポートレートモードも前モデルと同じくフロントカメラのみ対応していました。

指でできることはトラックパッドでぜんぶできる

20200324_DSCF1734_w1280
Photo: amito

20200324_ipadscrn01
Image: amito
設定アプリ「一般」>「トラックパッド」の中の設定項目。タップでクリックにも対応しています。

20200324_ipadscrn02
Image: amito
「アクセシビリティ」>「ポインタコントロール」の設定項目。カーソルの見た目や挙動を設定できる。

さぁ、トラックパッド!Bluetooth設定からMagic Trackpadを接続すると、設定アプリの中に「トラックパッド」というメニューが現れました。この中でカーソルの軌跡の速さなどを調整できます。

20200324_020848
GIF: amito

接続しただけでは何も起こりませんが、トラックパッドの上で指を動かすと、カーソルが現れます。よく見ると背景の明るさによって色が変わる...! 芸が細かい…。指を離すと2秒ほどで消えます。消えるまでの秒数は設定で変えられますよ。

20200324_021429
GIF: amito

これが話題になっていたカーソルの変形。ボタンに吸いつくようにカーソルが形を変えます。狙いをさだめなくていいぶん、楽に操作できますよ。この吸いつく挙動が苦手な場合は、アクセシビリティの設定からアニメーションをオフにすることもできます。

20200324_021937
GIF: amito

一番使いやすくなったと感じたのはテキストの扱い。カーソルがテキスト用に変形するのはもちろん、ドラッグでテキスト選択したり、ダブルクリックで単語を選択したり、トリプルクリックで一行選択したり、パソコンでお馴染みの操作にグッと近づきましたよ

20200324_022356
GIF: amito

コントロールセンターは右上のエリアをクリックするだけでアクセスできます。下にドラッグしなくていいのは楽。

20200324_023056
GIF: amito

ホームバー(正式名称:Home Indicator)もクリックするだけでホーム画面に戻ります。

20200324_023847
GIF: amito
Keynoteで使ってみました。

いっぽう、現行のアプリではカーソルがうまく機能しないことも。たとえばKeynoteアプリでは、トラックパッドを使ってオブジェクトを移動しようとするとうまくいったりいかなかったり。YouTubeアプリではシークバーをうまくクリックできませんでした。iPad OS 13.4対応版にアップデートされれば改善されるはずです。Keynoteでトラックパッドがちゃんと使えるようになったら、外回りでプレゼンする営業職の人はもうiPadだけで外に出られるのでは?

そのほか、iMovieなど主要な純正アプリを試しましたが、トラックパッド向けにUIが変わったとか、劇的に操作感が変わったアプリは今のところありませんでした。

ジェスチャも不足なく用意されています

20200324_025155
GIF: amito

2本指ジェスチャはMacに近い操作感。Safariのスクロールやホーム画面のページを送るのに使います。

20200324_025425
GIF: amito

3本指で上にスワイプすればホーム画面へ。上にスワイプしたまま止めておくとマルチタスク画面へ。左右にスワイプするとアプリの切り替えができます。ホームバー(画面下のホームに戻るためのバー)と同じ挙動をするので覚えやすいですね。

新しいカーソルやジェスチャ操作は慣れれば直感的に使えますし、指でできることはトラックパッドでもできるようになりました

逆に、指ではできなかったことができるようになっているかというと、そうでもありません。今のところはテキスト操作が楽になったことぐらいで、iPad上でできることは増えていません。

でもおそらく今後、カーソルに対応したアプリがたくさん出てきますよね。指よりも細かい操作ができるはずなので、一つの画面でよりたくさんのことができるインターフェースに変わっていくのかもしれません

そうすればいよいよ、iPad Proで完璧に仕事がこなせる未来が来るのでしょうか?

iPad Proはいつかメインコンピュータになるの?

20200324_031031
GIF: amito

僕はこれまでiPadやiPad Proを合計4台使ってきました。

美しいディスプレイと軽くて薄い本体、10時間もつバッテリーにセルラー対応で、キーボードまでついている。iPad1枚で仕事ができたらどんなにすばらしいか、その未来に憧れて使い続けてきました。

しかし、いろいろ試行錯誤して最近思っているのは「iPad Proは最高のサブ機」なのだということ。いくらキーボードがついていても、Split Viewが使えても、ドラッグ&ドロップが洗練されても、Macを超える生産性が得られたとは思わなかったからです。仕事に必要なことはすべてできるっちゃできるんだけど、決してベストな選択肢にはならないという。

もしくはサードパーティのアプリがiPad OSの理想についてきていないのかもしれません。Split Viewやドラッグ&ドロップにいつまでも対応しないアプリはありますし、ぜんぜんフル機能じゃなかったiPad版Photoshopなんかは記憶に新しいです。

でも、原稿の下書きや写真の編集、絵を書いたり映画を見たり。単一の作業を切り出してiPad Proで行なうと驚くほどの処理能力や体験を得られます。だからiPad Proはあくまで最高のサブ機でありタブレットなのだ、と割り切ることができていたのです。

Apple_new-ipad-pro-keyboard_03182020_big
Image: Apple

ところが今回突如発表された新型iPad Proはトラックパッドに対応していました。これには驚きました。AppleはやっぱりiPad Proをちゃんと仕事ができるデバイスにする気なのかと。だってそこにキーボードとトラックパッドがあったら、仕事するしかないじゃないですか。

思えば、MacやWindowsとくらべて仕事がしづらく感じたのは、従来のパソコンOSに依存した仕事のやり方を、そのままiPad Proでやろうとしてしまったからかもしれません。

iPad OSはその仕事の仕方さえも、つまりファイルやウィンドウといったコンピュータの概念さえも変えてしまうのが(おそらく)本来の使命なのだから、今までのOSと比べること自体がナンセンスです。

サブ機だとやっと割り切ったばかりの僕としては「また夢を見させてくれるんですね!」とワクワクしています。ドキドキしながら初めてのiPadを開封したあのときをまた思い出させてくれます。

いや、冷静なほうの僕に言わせると「まだ夢を見続けなければいけないのでしょうか?」「僕もう4枚も投資してるんですけどまだですか?」という歯痒い気持ちもあります。それでもAppleが、iPadをメインマシンに昇華させようとしているのはうれしいことです。

たかがトラックパッドに対応しただけなので、もしかしたらこれはまったくの見当違いで、大騒ぎするようなことじゃないのかもしれません。でもでも、「iPadで仕事する」という永遠の夢に少しでも時間を費やしたことがある人にとっては、トラックパッド対応はちょっとした事件なんです。iPad Proがついに大化けするスタートラインに立ったのかもしれないんです。

その答え合わせができるのは、6月のWWDCかも。次のiPad OSはどんな夢を見せてくれるのでしょうか。本当に夢で終わってしまわないように願ってます!

iPad Pro

発売日:3月25日(オンラインですでに注文可能)

価格:11インチ8万4800円〜、12.9インチ10万4800円〜

トラックパッドとカーソルに対応したiPadOS 13.4も3月25日にリリース予定。

新型iPad Pro ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする