AIは人間を超えるの? DNAを50年以上研究してきた専門家の答えとは

  • 6,297

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
AIは人間を超えるの? DNAを50年以上研究してきた専門家の答えとは
Image: Mugendai(無限大)

説得力があります。

テクノロジーは日々発展を続けていますが、特にAIの進化はあらゆる分野に影響をおよぼすといわれています。「AIが人間を超える日が来る」という説にも、いろいろな考え方がありますよね。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)に、半世紀以上DNAの研究をしてきた専門家が登場。シンギュラリティの話題はもちろん、「生きること」という壮大なテーマについて語られていました。

「生きるとは何か」を考える施設。生命38億年の歴史から紐解く

インタビューに登場していたのは、東京大学および同大学院卒業後、三菱化成生命科学研究所人間自然研究部長、早稲田大学人間科学部教授などを経ながら、一貫してDNAの研究をしてきた中村桂子さん。現在は、世界的にも珍しい「生きているとは何か」を考える研究施設である、JT生命誌研究館の館長を務めていらっしゃいます。

中村さんは「生きていることを知るためには、人文学や芸術、生活感覚を生かして新しい知を組み立てる必要がある」と語り、その考えを深めるために「生命誌」(Biohistory)という概念を提唱。生命の歴史を分かりやすく視覚化し、伝える活動を続けています。

AIは人間を超えるの? DNAを50年以上研究してきた専門家の答えとは
Image: Mugendai(無限大)

記事では、そんな中村さんに「人間とテクノロジーの共存」について質問。AIが急速に発達し、人間を超えてしまったらどうなるのか。気になる中村さんの答えは…。

「人間とは何か、が分かっていないのにどうやって超えるの」

確かに、言われてみれば…。

あくまで「コンピュータと人間を比較することに意味はない」という考えに立脚した中村さんは、以下のようにも語っていました。

人間は38億年の生命の歴史を持っていて、コンピューターとはまったく異なる存在です。例えば人間のもつ想像力、イマジネーション。(中略)イマジネーションの中には「思いやる」という感情も内在しています。

ですから、コンピューターが「人間を超える」と比較するのは意味がありませんでしょう。(中略)そもそも、ヒトは、生物学でもまだほとんど解明されていない。わからないことがあるのが面白く楽しい。これが生命誌研究の一番よいところだと思っています(笑)。

AIやテクノロジーに限らず、時に「生命」という大きな視点に立ち返ると、自分の視野が狭くなっていないか確認できるかもしれませんね。

その他にも、中村さんの言う「ふつう」とは何か、アゲハチョウと人間の意外な共通点など、続きはMugendai(無限大)よりお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by