ガチゲーマー向け。耳の形にあわせてオーディオを調整するヘッドホン

    ガチゲーマー向け。耳の形にあわせてオーディオを調整するヘッドホン

    耳の形でいろいろわかるもんなのね。

    Logitech(日本ではロジクール)は、パーソナル音響空間作りを行うEmbodyとタッグを組み、より没入感の高いゲームオーディオ環境を作るため、新しいオーディオテクノロジプラットフォームImmerseを開発しました。これ、ユーザーそれぞれに適したオーディオ環境を教えてくれるユニークサブスクサービスなんです。

    Immerseは、月額2.99ドル(または年14.99ドル、5年39.99ドル。現在2週間の無料トライアル実施中)のサブスクサービス。まずは、ユーザーが自分の耳の形を写真に撮るとこからスタートします。

    この写真から、マシンラーニングアルゴリズムがユーザーに適したオーディオシステムモデルを作成。さらにこのモデルを元にサウンドシステムをどこにどう設置すべきかを、Immerseがオススメしてくれるというサービス。自分にあったオーディオ空間をリモートで作り出してくれるという、音好きには嬉しいかつ贅沢なサービスですよね。

    Immerseのサイトから、サービス登録&アプリダウンロードできます。Immerseは、Logitechのゲーム用ヘッドセットLogitech Gで使用でき、Logitech Gの対応端末はここから確認できます。

    プロのゲーマーは画面の動きだけでなく、些細な音からも敵の有無や、技を繰り出すタイミングを見極めるというので、音響環境がよくなるのは没入感が高まるだけでなく、スキルアップにもなりますね。ここまでやるのはゲームに本気の人の話ですけど。いや、ゲーム用ヘッドセット持っている=本気なので、なるほど一部ではかなり重宝されるサービスなわけですね。

    Source: Logitech via The Verge

    あわせて読みたい

    powered by