医者と科学者たちが作った、光で殺菌するマウスピース「Lumoral」

  • author 岡本玄介
医者と科学者たちが作った、光で殺菌するマウスピース「Lumoral」
Image:Lumoral

赤と青のデュアルライトが、虫歯の原因を殺菌&抗菌!

マウスウォッシュに含まれる感光性物質が細菌にくっつき、次に咥えたマウスピースが放つ光で殺菌するデバイス「Lumoral」が作られました。

売り出されるのは今年後半だ、と NEW ATLAS が伝えています。

でも使い方は少々面倒かも?

作っているのはフィンランドのスタートアップ企業、Koite Health社。使い方はちょっと時間がかかるのですが、まずマウスウォッシュで30秒間、口の中をぐちゅぐちゅします。その後、マウスピースは10分間咥えなくてはなりません。マウスピースは最初に赤い光で殺菌しつつ、青い光で抗菌効果を高めてくれます。それが終わると、普通に歯磨きをして死んだバイ菌を掻き出します。

結果として10数分かかってしまうので、これは面倒に感じる人も多いでしょうね。お風呂でやると良いかもしれません。

病院と大学がタッグを組んで開発

Koite Healthは単なるスタートアップではなく、ヘルシンキ大学病院とアールト大学によって設立され、「Lumoral」を商業化しようとしています。

アールト大学のサイトでは、このマウスウォッシュとマウスピースのコンボにより、虫歯を引き起こすストレプトコッカス・ミュータンス菌にマウスウォッシュの成分が付着&殺菌された電子顕微鏡画像が紹介されています。

200302_lumoral2
Image: Aalto Universaity

このおかげで歯肉炎も防げるというので、研究者は特に歯肉炎のリスクが10倍になる糖尿病患者に使いたいと考えているとのこと。もちろん健康な私たちが使ってもOKです。

歯磨きと違い原因菌をやっつける

かつては、わずか3秒ですべての歯を磨くスマート歯ブラシというものもありましたが、それとはまた違うアプローチですね。歯磨きは大事ですが、虫歯の原因菌を殺菌するWパンチで、さらに健康な口腔環境を保ちたいものです。

ちなみに筆者は現在、根管治療をした奥歯が再び虫歯になったため、最低でも5回連続で歯医者通いを余儀なくされています。治療の痛みもさることながら、毎週通う手間と治療費も痛手となっており、面倒でも10分の殺菌は超大事! と痛感しています。

「Lumoral」の予約は、サイトにメールアドレスを登録することから始めます。気になる方はまずこちらから。

Source: Lumoral via NEW ATLAS, Aalto Universaity

Lumoral ほしい?

  • 0
  • 0
Lumoral

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by