神サービスじゃん? あちこちのストアで買ったオンライン映画をまとめてくれるMovies Anywhere

  • author Alex Cranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
神サービスじゃん? あちこちのストアで買ったオンライン映画をまとめてくれるMovies Anywhere
Image: Movies Anywhere

こういうサービス、電子書籍でも作ってほしい。

コンテンツがデジタルで楽しめるようになって、お部屋をスッキリさせることができるようになった一方で、どのストアで買ったのか分からなくなってデータが行方不明になってしまうというデメリットもあります。また、面白い映画を友達と貸し借りして、楽しさを共有することも難しくなってしまいました。

でも、「Movie Anywhere」なら、そんな悩みを解決してくれるんですって! え、すごくないですか?

元はディズニーが始めたサービス

「Movie Anywhere」はもともと、2014年にiOSでもMarvel、Disney、Star Warsのコンテンツにアクセス可能にするためにDisneyが始めデジタルロッカーのサービスでした。(日本で言うところの「Movie Nex」)。2017年に同じ名前でオンラインサービスを開始し、早くからデジタルロッカーサービスを提供していた「ウルトラ・ヴァイオレット」(2019年7月に閉鎖)を積極的に追いかけてきました。

Movie Anywhereの仕組み

この「Movie Anywhere」ですが、アカウントを作るとiTunes、Amazon、Microsoft Store、Google Play Store、Youtube、Vuduといったアカウントにログインするように勧めてきます。そして、それらのアカウントにある購入済み映画をまとめて見れるようにしてくれるのです。

私はiTuneでしか購入したことがないので、特に困ったことはありませんが、Gizmodo USのアレックス・クランツ記者は様々なサイトで映画を買っていたらしく、トータルで54本もの映画がAppleのアカウントに集められたとのこと。つまり、Movies Anywhereとサービスが紐づいているなら、Youtubeで購入した映画をAppleのアカウントに表示することが可能ということになります。これはとても便利…!

手間といえば、サインインする際に個々のアカウントにログインしないといけないくらい。あとは自動でやってくれます。

新たに始まる「Screen Pass」機能

「Movie Anywhere」の魅力はこれだけではありません。

アカウントにまとめるだけでなく、「友達に貸し出し」する機能までローンチされるそうなのです。Vergeによると、共有機能の名前は「Screen Pass」で、Movie Anywhereのモバイルアプリから友達にメッセージを送ることで映画を共有するのが可能になるのだとか。

招待を受け取った側は最長14日間レンタル、再生開始から72時間が与えられます。ただ、制限があり、貸せるのは1ヶ月に3本のみとのこと。まだベータ版ですが、今年の夏頃にはロールアウトされることになるかもしれません。

いくらストリーミングサービスが人気とは言っても、配信されている作品は限られているんですよね。例えば、アーノルド・シュワルツェネッガーの作品は全てが配信されていないので、彼の魅力を若い世代に布教するには自分のライブラリーを貸し出すしかありません。こういう時に「Screen Pass」のようなシステムがあると便利ですよね。

Movie Anywhereの問題点

でも万能ではないんです。というのも、プラットフォームごとに表示される作品にムラがあるんですって。

例えば、アレックス記者がApple TVで購入した『Annihilation』はAppleでは問題なく表示されますが、Google Playには表示されなかったとのこと。でも、同じようにApple TVで購入した『Steven Universe』は、Google Playでも問題なく表示されたそうです。

これは、Movie Anywhereが特定のディストリビューターとだけ契約しているから。具体的には以下の通りです。

ディズニー

ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント

20世紀スタジオ

ユニバーサル

ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・グループ

この名前を見る限り、得意なのは大作でしょうか。「ウルトラ・ヴァイオレット」を支援していたライオンズ・ゲートやパラマウント、アート系、インディーズ系も入っていませんね。なので、ブロックバスター系を買っている人にとってMovie Anywhereは便利かもしれませんが、アート系作品が好きな人はそこまで利点を感じられないかも?

それと、私は日本からアカウントを作ろうとしても、サービスに対応していないのでアカウントを作ることができませんでした。提供しているのは今のところアメリカのみなんですね。うーむ、残念。

総合的に見るといいサービス

でも、アカウントによって表示される作品にばらつきがあれど、まとめてくれるのはありがたいし、貸し出しの「Screen Pass」機能も嬉しいです。(日本では使えませんが)。

トータルで見ると神サービスなんではないでしょうか。(別にディズニーをよいしょよいしょしたいわけではありませんがね)。

Movies Anywhere日本版 ほしい?

  • 0
  • 0
Movies Anywhere

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by