初代かどうか確認しときましょ。フィリップスがスマートLEDコントローラー「Hue Bridge v1」のサポート終了を発表

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • ヤマダユウス型
初代かどうか確認しときましょ。フィリップスがスマートLEDコントローラー「Hue Bridge v1」のサポート終了を発表
Image: Philips Hue

我が家も1年前まではお世話になってました。

Philips Hueは、スマート照明システムの先駆け的存在。第1世代がローンチしたのは2012年、そして2020年4月末にスマートLEDコントローラー「Hue Bridge v1」のサポートが終了します。知っておくべきことは次のとおりです。

丸いのがサポート終了する初代ブリッジ

第1世代と第2世代のHue Bridgeの見分け方は非常に簡単です。TOP画像がHue Bridge v1(第1世代)、円形です。第2世代(v2)は下掲の画像のように、長方形のデザイン。4月30日にサポートが終了になるのは前者です。

200309huev2
Image: Philips Hue

サポート終了≠使えなくなる

ただし、第1世代がサポート終了になったからといって、Bridge v1は文鎮化しません。4月30日以降も、Bridge v1を介して家の周りのHueライトをローカル制御できます。しかし、自宅にいないときなどにリモートでライトをオンorオフできるオンラインサービスにアクセスできなくなります。

公式アカウントによると、今回のサポート終了の理由は「Hueアプリとの互換性を維持するには、Hue Bridge v1のソフトウェアを常に最新に保つ必要がありますが、それだと将来的にオンライン機能をサポートできなくなってしまうため」とのこと。

2016年にリリースされたBridge v2は将来的な使用に耐えるように設計したため、理論的には少なくとも近い将来、再度アップグレードすることにはならないと言っています。とはいえコンシューマテックの進化スピードを考えると、ガジェットの寿命が10年以上になるとは考えにくいでしょう。

Hueは約1年前にBridge v1のサポートを終了すると発表しましたが、もはやサポート終了まで2か月もないため、新しい選択肢を検討する良い機会ともいえます。Bridge v2は6,300円で購入できますね。

    あわせて読みたい