リフレッシュレート、どこまで進化する?1000Hzの時代も夢ではない

  • 11,810

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
リフレッシュレート、どこまで進化する?1000Hzの時代も夢ではない
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

いつ買おうかな?

今年の幕開けにCESの目玉となったもののなかに、とにかく高速化したリフレッシュレートを備えるゲーミングディスプレイがありました。Razerが発表した最新モデルには、なななんと史上最速360Hzのリフレッシュレートを誇るものも!

200227fps2
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

すでにテレビの世界では、LGのフラッグシップモデルとなる「C9」やSamsung(サムスン)の「Q90R」などが、120Hzのリフレッシュレートをスタンダードに定めてきました。HPの「Omen X Emperium」など、NvidiaのBFGDシリーズでは、G-Syncに対応した144Hzのリフレッシュレートも主流となってきています。さてさて、リフレッシュレートの高速化は、どこまでエスカレートしていくのでしょうか?

スマホも90Hz。120Hzの製品も

200227fps3
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

ちなみに、このトレンドは、当然ながら、スマートフォン業界でも起きていて、OnePlus 7 ProやGoogle Pixel 4、Nubia Red Magic 3のディスプレイのリフレッシュレートは、いずれも90Hzまでアップしてきました。ASUS ROG Phone 2やSamsung Galaxy S20は、120Hzのリフレッシュレートを備えたディスプレイを採用。FPSを高めたディスプレイほど、より美しく、応答速度も優れており、この流れに乗ってくるスマホメーカーは、今後も続々と登場するでしょうね…。

eスポーツでは240Hzがスタンダード化

200227fps4
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

とはいえ、もっともリフレッシュレートの高速化が激しいのは、ゲーミングモニターPCの世界でしょう。リフレッシュレートがアップすればするほど、より正確に敵を倒し、ゲームプレイの精度が上げられますから。いまやeスポーツの分野では、240Hzのリフレッシュレートの24インチモニターが、プロの大会などではスタンダードになってきています。Blur Bustersのデモを見れば、リフレッシュレートの違いを体験できますよ~。今年のCESの会場では、ASUS、Acer、Razerが、300Hz360Hzクラスのラップトップならびにゲーミングディスプレイを展示していました。

メーカーが目指すゴールは1000Hz

モニターのリフレッシュレートが、スタンダードだった60Hzから、倍速120Hzまでアップしたのは、ほんの3年ほど前のことに過ぎません。つまり、ここ数年のうちに、どんどんと加速化する最新のリフレッシュレートを備えたモデルを次々と買いそろえていくだなんて、一般的なコンシューマーには不可能に近いといわざるを得ないでしょう。いったいこの流れは、どこまで続くのでしょうか? 落ち着いてくるころに、最新スペックのものに飛びつきたいんだけど…。

実は最初の質問の答えは簡単です。家電製品のメーカーにとって、最終的なゴール1000Hzのリフレッシュレートにたどりつくことこそが、ある意味で既定路線なんだとか。というのも、これこそが人間の目がとらえられる上限とされていて、すでにASUSなどは、この1000Hzのゴールに向け、開発が進んでいることをほのめかしていましたよ。

そんなハイスペックいるのか問題

しかしながら、数値の上では、人間の目は1000Hzのリフレッシュレートの違いを感知できるとしても、このレベルの製品を商品化する価値があるのかどうかについては、大きな疑問も残っています。一般的なユーザーにとっては、144Hzないしは150Hzまででも、その優れた性能に十分に満足できることでしょう。

150Hzを超えるリフレッシュレートも、当然ながら、メリットはあります。たとえば、Nvidiaは、リフレッシュレートを120Hzから240Hz向上させることで、Fortniteのプレイヤーの敵殺傷能力や生存能力がアップするとの調査結果を明らかにしました。

とりあえず対応ハードウェアがなきゃ意味がない

では、いったいどのあたりまでリフレッシュレートが高まれば、新モデルを購入する価値があるでしょうか? その答えは、ディスプレイモニターそのものではなく、そこにつなげるハードウェア製品にかかっています。たとえ300Hzのリフレッシュレートのディスプレイを持っていたとしても、それに対応するコンソールゲーム機PCがなければ、そのリフレッシュレートを最大限まで活かせないですから。もしNintendo SwitchやPS4ユーザーなら、60fpsのモニターでも十分でしょう。きっとPS5が発売されれば、また状況は変わってきそうですけど。一方、Xbox One SやXbox One Xユーザーであれば、120Hzのリフレッシュレートに対応したゲームを、120Hzのテレビで楽しめますよ。

PCではグラボへの投資も必要に

なお、PCユーザーであれば、やや事情は複雑になります。PCのGPU、プレイするゲームとその設定、ディスプレイ解像度などが、すべて関係してきますからね。高解像度であればあるほど、向上したリフレッシュレートに合わせるため、よりパワフルグラフィックス性能が求められてきます。ディスプレイの性能に合わせたGPU性能が必要になってくるでしょう。

もし1920×1080ピクセルの解像度で、120Hzないしは144Hzのリフレッシュレートに対応するゲームをプレイするとしましょう。この性能に合わせるには、AMD RX Vega 56や5600XT、Nvidia RTX 2060またはGTX 1660のGPUで足りそうです。プレイするゲームにもよりますけど。しかしながら、もし1440pの解像度や4Kのディスプレイでプレイするならば、Nvidia RTX 2070 Superまたは2080TIなど、さらにパワフルなGPUが必要になってきます。ゲームとグラフィックス設定によりますが、グラフィックのレベルが上がるほど、120fpsや240fpsで快適に映し出すうえで、求められるものが多くなってくるでしょうからね。

現時点では120Hz or 144Hzでいいかと

もうついていけないと感じますか? でも、そんなに難しくはありません。たとえ、いますぐ最新モデルに手が出せなくても、どうせ最新の300Hzのリフレッシュレートの製品でさえ、すぐに時代遅れになってしまうくらい、待っていれば、どんどんと製品は進化していきますから!

現時点では、120Hzまたは144Hzのリフレッシュレートの製品を狙えば、よいスタートを切ったと考えられるのでは? お金に余裕があって、ヘビーゲーマーなのであれば、240Hzのリフレッシュレートのモデルは、最高の選択肢となるでしょう。300Hz以上のリフレッシュレートのモデルは、もうクレイジーなレベルのユーザー向けですが、そもそも対応するハードウェアを持っている人は少ないでしょうね。300Hzのリフレッシュレートを体感できるシステム環境のユーザーは、なかなかいないのでは? 結局のところ、対応していない高度なリフレッシュレートのモデルを購入しても、すぐ別のさらにリフレッシュレートを高めたモデルが出てくるのが落ちですから、あまり背伸びする必要はないですよね。

ヌルヌルなディスプレイ ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by