20km先の島まで遠隔操作。ルワンダで行なわれたドローン・コンペの模様を動画でどうぞ

  • author 岡本玄介
20km先の島まで遠隔操作。ルワンダで行なわれたドローン・コンペの模様を動画でどうぞ
Image: African Drone Forum/YouTube

無人版の鳥人間コンテストみたい。

日本の琵琶湖では毎年鳥人間コンテストが開催されますが、ルワンダのキブ湖では人が乗らないドローン・コンペが開催されました。

配達および地図作成業者を見つけ出すのが目的

運営にあたったAFRICAN DRONE FORUMの説明では、この大会はアフリカにおける無人航空機(UAS)や垂直離着陸機(VTOL)で行なうインフラを安全に促進するために、キブ湖周辺の配達や地図作成を担う業者を見つけるのが目的だ、という趣旨が書かれています。

上位入賞チームは、ビジネス契約をゲットすることになるので、単なる競争としてのコンペティションではなく、業者を選ぶほうのコンペという感じです。

競技は3つ

競技は3種目あります。1番目は、緊急の荷物を出発地点から20km離れたブガルラ島に最速で届け、また帰還するというもの。なお、途中で充電池を交換してはいけないという条件がありあす。

2番目は、その島からとにかくたくさんの荷物を持ち帰る、3番目は島にマーキングされたポイントをGPSでなるべく多く訪れ帰還する、というものです。

それぞれの競技と概要が、こちらの動画にまとめられています。

Video: African Drone Forum/YouTube

ルワンダ周辺はとにかく広大、かつインフラ設備が整っていないため、医療品などをすぐに届けなければいけない場合に、ローンが大活躍します。

以前にお伝えしました、ガーナで1日最大600便、医療品を投下するドローンもチラっと登場しましたね。あれはカタパルトで離陸し、戻ってきた機体をワイヤーで引っ掛けて捕まえるというダイナミックな着陸方法が採用されていた、興味深いドローン運用でした。

大会の様子

こちらはコンペのハイライトで、関係者からのコメントも見られます。

Video: African Drone Forum/YouTube

続いて1日目、2日目、3日目、4日目の様子をどうぞ。

Video: African Drone Forum/YouTube
Video: African Drone Forum/YouTube
Video: African Drone Forum/YouTube
Video: African Drone Forum/YouTube

ドローンは形もサイズもさまざまですね。ステルス機みたいなUASを、フリスビーのように手で投げて飛ばすのはなかなかユニーク。アフリカのユルい空気感もあって、ほのぼのとしたコンペだったようです。

公式サイトでは、この大会にはアフリカ国内の31カ国から148の応募があり、最終的に10チームが決勝に残ったことが公表されています。優勝チームに贈られたのは賞金は4万ポンド(約552万円)。今後はビジネス展開や契約などについて煮詰めていくのでしょう。ところで、日本の過疎地などにドローンを使って品物が配達されるのは、いつになるでしょうか?

Source: YouTube (1, 2, 3, 4, 5, 6) , AFRICAN DRONE FORUM via IEEE SPECTRUM

    あわせて読みたい

    powered by