サムスン「新型コロナウイルスの影響でGalaxy S20シリーズがあんま売れてないです……」

  • 18,401

サムスン「新型コロナウイルスの影響でGalaxy S20シリーズがあんま売れてないです……」
Photo: Sam Rutherford/Gizmodo US

「ぜんぶウイルスのせいだ」。

コロナウイルスの感染拡大は、世界中のありとあらゆる分野に影響を与えています。スーパーで特定商品の品切れ、リモートワーク、休校という身近なところはもちろん、開催予定だったスポーツ、コンサート、トレードショーから開発者会議まで世界中のあらゆるイベントが中止になっています。だから、韓国内でのGalaxy S20の初動売上が悪いのも新型コロナウイルスのせいなんですよね、きっと。

9to5Googleによれば、韓国で発売初日のGalaxy S20シリーズ販売台数は7万800台。2019年発売のGalaxy S10シリーズの発売初日販売台数が14万台、Galaxy Note 10シリーズが22万台だったことを考えると、S20はお世辞にも幸先のいいスタートとはいえません。

複数メディアが報じたところによれば、S20売れ行き低調の背景にあるのは、韓国で新端末のディスカウント商戦が激減したこと、そして感染を恐れリアル店舗へ足を運ぶ人が少ないことが原因にあるというのがサムスンの見解のようです。

もちろん、新型コロナウイルスの影響はあるでしょう。もうね、いまや影響を受けてないものはない!ってレベルですから。AppleMicrosoftも、新型コロナウイルスの影響で、2020年度の第2四半期収益予測を下方修正しています。ただ、S20については、それだけかなー?本当にー?って気持ちがありますけれど。

Galaxy S20シリーズは、S20/ S20 Plus/ S20 Ultraの3モデル。1番安価なスタンダードモデルのS20ですら1,000ドルで10万円を超えてきます。ハイスペックのUltraだと1,400ドルですからね。発表された瞬間から、高いよねという雰囲気に包まれてはいました。

S20シリーズ不調の一因は新型コロナウイルス。でも、「ぜんぶコロナのせいだ。」なんて、JR SKI SKIみたいなことはないはず。

コロナ終息後、S20がどういう伸びを見せるのか。真相は自ずと明らかになってくるでしょう。

    あわせて読みたい