コロナパニックのアメリカではアレが飛ぶように売れている

  • 21,643

  • author satomi
コロナパニックのアメリカではアレが飛ぶように売れている
Image: Nine News Australia / YouTube

トイレットペーパーが消えると、いよいよこういうものが売れますなぁ…。

「このままでは次のイタリアになる!」と公衆衛生局長官が全国民に檄を飛ばし、国家非常事態が宣言されたアメリカでも、50人以上の集会が8週間自粛になるなど、世界の終わり感が日々高まっています。

ワシントン州(感染904人・死者48人)、カリフォルニア州(感染557人・死者7人)、マサチューセッツ州(感染197人)、イリノイ州(感染95人)、オハイオ州(感染50人)では飲食店とワイナリーが全店閉鎖になって、お持ち帰りのみの営業に。NY州(感染967人・死者10人)、ニュージャージー州(感染98人・死者2人)、コネチカット州(感染26人)も2週間、全飲食店とジム、映画館が閉鎖になります。

シリコンバレーも外出禁止令が

ここシリコンバレーも全住民670万人が3週間外出禁止になるようです。買い出しから帰ったら「今晩零時発動」となっていて、こんなにいきなりかよ!と。なんでも、国の言うこと聞いてたら滅びるので、「うちらだけでもやるべえ」とサンフランシスコ湾岸6郡がタッグを組んだみたい。慌ててジョギング出ようとしたら、野外の運動や犬の散歩、スーパー・薬局の外出はOKだそうです。人と180cm以上距離をとるのがルール。人を見たら全力で逃げようと思います。

やり過ぎなくらいがちょうどいい

過剰反応という声もありますが、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ博士は「いま目の前にある数値で動いていては3週間出遅れてしまう。ちょっとやり過ぎなくらいでちょうどいい」と指導してるので、しかたないですよね。日曜討論でも「検査結果がもう数日から1週間で出るので、感染者の数はものすごい急カーブで上昇する」(動画の2:09~)と予告し、「ハンカーダウン(動きを止めて伏せ、攻撃が去るのを待つこと)」の体勢を整えるよう、声を枯らして注意喚起していました。いよいよ来るか…。

Video: Washington Post/YouTube

アメリカならではのアレが爆売れ状態に

このように「いつロックダウンされてもおかしくない状況」に追い込まれると、人はいろいろなものを買うようです。スーパーではサバイバルギア、防災袋、非常食、缶詰、ビタミンD(免疫力が高まるとTVでさまざまな医師が指導。日光浴で摂取できるけど、日照が弱い地域はサプリで補うといいんだって)とビタミンC(風邪全般に効く)なんかも棚から消えて、大麻ショップの前にも微妙に人だかりができています。

しかしなんと言ってもオンリー・イン・アメリカなものといえば、この専門店。全米各地から「いまだかつて見たこともない行列ができている」という驚愕の声がウェブに続々と集まっていますよ。

Video: Nine News Australia/YouTube

そうです、。このたびは「アジア系まで身の危険を感じて買っている」という話もありましたが、もうそれ以外のアメリカ人が主体です。オーストラリアのテレビ局が紹介しているのは、LA西部カルバーシティの銃専門店。@Joshさんが書いているように、カリフォルニア州は10日間の冷却期間(ウェイティングピリオド)を置いて、身上調査を行なったうえで受け取り…なので、買ってすぐ使えるわけではないんですけどね…

LAのお店も行列ができていて、「なんでガン?」と女の子がびっくりしてツイート。「ウイルス撃つんじゃね?」とコメントがついてます。

ラスベガスの射撃場付属「Spartan Arms」店内の映像もどうぞ。どの棚もラックもケースもほぼ空っぽ。ライフル、ピストル、アンモ(弾丸)も全部。残ってるのはDIYの銃だけで、「やる気になればまだ自作できるけど、あれだけミッシリあったのが全部消えてる。クレイジーだわ」とマニアも呆然です。

Video: The Daily Shooter/YouTube

ネット動画配信の上位には「コンテイジョン」「アウトブレイク」「コンテインメント」などのパンデミックものが軒並み返り咲いています。WHOの監修入りの作品も多くて結構勉強になるんですが、政府の陰謀で罪もない市民が封鎖されて逃げまどって最後は銃で勝負が決まる、みたいな月並みな設定も多いので、家に篭ってそういうのばかり見てると銃のひとつも…となるんでしょうね…。出番がないことを祈るばかりです。

Source: YouTube(123)、Twitter(12)、CBS Los AngelesAP

    あわせて読みたい

    powered by