新型iPad ProのLiDARスキャナって、なにをするもの?

  • 39,449

  • author 塚本直樹
新型iPad ProのLiDARスキャナって、なにをするもの?
Image: Apple

ToFとは呼ばせない。

新しいiPad Proの背面に搭載されている、3眼カメラのうちの一つ「LiDARスキャナ」。この新しいiPad Proの眼がどのように役立つのかが、Apple(アップル)の公式サイトにて解説されています。

そもそも「LiDAR」ってなに?

スクリーンショット2020-03-209.42.25
Image: Apple

まずLiDARとは「Light Detection and Ranging:光検出と測距」の略で、光が反射する速度からスマートフォンと物体との距離を測定します。Androidスマートフォンでは「ToFセンサー(スキャナ)」として、すでに採用が広まっているものです。そしてiPad ProのLiDARはダイレクト・タイムオブフライト方式を採用し、最大5メートル先までの観測が可能です。

なお実際の撮影時には、LiDARセンサーはiPad Proのカメラ、モーションセンサー、iPadOSのフレームワークと連携するそうですよ。

よりリアルなAR描写へ

スクリーンショット2020-03-209.42.20
Image: Apple

さて、では実際にこのLiDARセンサーはなにに使われるのでしょう?

これまでも、iPhoneやiPadではARKitを用いたAR(拡張現実)機能が取り入れられてきました。そしてAppleによれば、新しいiPad ProではARアプリがよりリアルに。「オブジェクトオクルージョン」という効果で、ARオブジェクトが現実の物体の前や背後を、よりリアルに移動できるそうです。また、モーションキャプチャとピープルオクルージョンも強化されます。

Appleは以前からAR分野に非常に力を入れており、Tim Cook(ティム・クック)氏は「ARは次の大きな潮流となり、私達の生活の全てに浸透するでしょう」と語っています。さらに、今年の次期iPhone(iPhone 12)の一部機種にも、LiDARスキャナが搭載されるとの噂があります。今後もAppleによるAR機能の拡張から、目が離せませんね!

Source: Apple

    あわせて読みたい