意外と役立つ小ワザたち。オンライン会議をもっと快適にする23の方法

  • 13,291

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
意外と役立つ小ワザたち。オンライン会議をもっと快適にする23の方法
Image: Zoom


知ってることもおさらい、知らなかったことは活用!


ここ最近、ビデオ会議アプリ使うこと増えましたよね。仕事だけじゃなくて、友達、家族と連絡をするのにも使えますしね。これからもっともっと使う機会が増えるかもしれないので、ビデオ会議アプリをもっとうまく快適に使う方法を挙げてみますね。


1. カメラの位置を事前にチェック

会議が始まってからモゾモゾカメラの位置を変えなくていいように、そしていい写りであるように、事前にしっかりチェックしておきましょう。


2. マイクで声が聞こえるか確認

「聞こえてますか?」「え、聞こえてない?」「今はどうですか?」なんて冒頭でやりとりしてる時間はもったいない!しっかりマイクのチェックしておきましょう。macOSなら、[システム環境設定]の[サウンド]から[入力]でチェックできます。Windowsは[設定]の[システム]から[サウンド]で。

3. 照明も考慮して

映画のセットのような照明は必要ありませんが、照明は大切です。光が差し込む明るい窓や眩しい電球が背後にあると、自分が影になってしまいます。なので明かりは自分の前に持ってくるようにしましょう。ランプでも十分です。

4. いいアングルを見つける

ラップトップを使っているなら、ウェブカメラは鼻の位置あたりにありますが、これはよくありません。カメラを目の位置に持ってきましょう。そして背景のごちゃごちゃはできるだけミニマムに押さえましょうね。

5. ヘッドホンとミュートボタンを使う

ヘッドホンはビデオ会議で活躍してくれます。特に大人数での会議の場合。自分のデバイスのマイクを通して他の反響音が響いてしまうからです。あと、咳をしたり、予想外の外からの音などがあった場合、すぐにミュートできるようにミュートボタンの場所も覚えておきましょう。

6. ソフトウェアは最新版に

これはアプリを使う人としてはしっかりしておきたいところ。ビデオ会議アプリが最新になっているかチェックしておきましょう。そうすれば、話をしている途中の不具合などを防ぐことができます。

7. 他のアプリは終了しておく

ネット回線が早くても、ビデオ会議中は他のアプリやウェブなどは終了しておくと会話が途切れるなどの障害のリスクを減らせます。家でビデオ会議をする場合、家族が映画やビデオゲームなどしていたら、一旦ストップしてもらうといいですね。

8. Zoomのバーチャル背景を設定する

Zoomを使っているみなさん、バーチャル背景楽しいですよね。バーチャル背景メーカーも出てきたので、これを使って自分好みの背景を作っちゃいましょう。

編注:Zoomについては安全性への懸念が示されています。対応が進められてはいますが、自己責任でのご利用をお願いいたします。

9. Zoomで美肌に

Zoomは「外見を補正する」なんていう機能があって、カメラに映る肌を美肌に、シワを目立たなくしてくれます。

10. Zoomでブレイクアウトルームを作成

ひとつのビデオ会議にたくさんの人がいる場合、会議のホストはセッションを分割することができます。参加者を別々のセッションにあてることができ、切り替えもいつでもできるようになっています。

11. Zoomの画面共有を活用

Zoomの画面共有はとっても便利な機能。ホストと参加者両方シェアが可能で、参加者はホストから許可されていれば注釈付けすることもできます。画面共有をするには画面共有ボタンをクリック。

12. Google Duoではフィルターやエフェクトを使おう

Google Duoはシンプルでわかりやすいインターフェイスですが、たくさんの機能がついています。例えばエフェクトやフィルターは遊び心いっぱいなので、ビデオで話すのが楽しくなっちゃいます。仕事では使わないほうがよさそうですが...。

13. Google Duoで録音した音声を送る

突然ビデオ会議の招待が来て受けたくなかったり、ミーティングの時間に都合がつかずに参加できなかったり、そんなときはメッセージを録音して送ることができるのがGoogkle Duo。

14. Google Duoでカメラビューを切り替え

Google Duoは会話中に電話やタブレットのインカメラかアウトカメラの切り替えができます。自分が見ているものを見せたい時は、話しながらカメラを切り替えればいいだけ。便利ですね。

15. Google Duoのノック機能を使う

Google Duoのおもしろい機能のひとつが「ノック機能」。ビデオ会議が始まる前に誰が電話してきているのかビデオのプレビューが見れちゃうんです。もちろん自分がかける側だと相手に見られています。この機能は無効にしておくこともも可能です。

16. Face Timeを一番上に表示させておく

アップル製品をたくさん持っている人なら、わざわざ他のアプリをダウンロードせずにもともとついているFace Timeを使ったほうが楽かもしれません。でも他のプログラムが重なると会話中ウィンドウがみえなくなってしまうので、起動中にAlways on Topを選択しておけば一番上にいつも表示させておくことができます。

17. FaceTime中にアニ文字・ミー文字に変身

Face IDで作ったアニ文字やミー文字をFace Time中に使うことができます。自分のキャラクターにしてみたり、動物に変身しておしゃべるするのも楽しいです。Face Time中に右上の星印をタップしてアニ文字かミー文字かを選択してスタート。

18. Face Timeでテキストラベルを使う

Face Timeの機能でもうひとつ便利なものは、自分のビデオにテキストを入力して、例えば名前を書いたり、今どこにいるか場所を書いたりできるんです。通話中にAaボタンをタップして書き込みます。もちろん位置を調整して動かしたり、サイズを変えたりもできます。

19. FaceTimeで複数の通話相手からひとりをフォーカス

Face Timeでグループビデオで話している時、自動的に話している人のサムネイルが大きくなるようになっていますが、話している人以外を大きく表示したいなら、タップすると拡大できます。もう一度タップするとそこに固定されます。

20. Skypeで字幕をつける

Skypeの優秀な機能のひとつが、ビデオ会議に字幕をつけられるところです。すごいですね。通話中に、[詳細]ボタンを選択して、字幕をオンにする、を選択すると自動で会話を認知して字幕がつきます。

21. Skypeでのビデオ通話を録画

会議のログとして、もしくは参加できなかった人のために、Skypeはビデオ通話を録画することができます。録画する時は参加者に録画する旨は事前に伝えましょうね。録画した映像は通話に使用したデバイスに保存されます。

22. Skype通話中にファイルの共有

Skype通話中にファイルのシェアをするのはとっても簡単。ファイルのサイズの上限は300MBとなっています。

23. Skypeで背景をぼやかす

SkypeにはZoomのバーチャル背景の機能はありませんが、その代わり自分が写っている背景をぼやかすことはできます。うしろがごちゃごちゃしていたり、うしろで人が行き来していると、通話相手もそちらに目が行ってしまいますもんね。これはデスクトップバージョンでのみ使用可能な機能です。

Reference: CNN

    あわせて読みたい