世界は60年前の言語で動いている。米コロナ失業申請がクラッシュ、COBOLの古兵が大忙し

  • 33,893

世界は60年前の言語で動いている。米コロナ失業申請がクラッシュ、COBOLの古兵が大忙し
COBOLの墓 Image: Computer Museum (Boston)

コロナでギークが一番驚いたのがこのニュース。

失業給付金の申請者が史上最悪の1680万人に達して全米で業務システムがクラッシュ! 化石のプログラミング言語COBOLを操る古参プログラマーが現場の最前線に駆り出され、「こんなこともあるんだな…」、「コロナって計り知れないな…」とIT業界を驚嘆させています。

絶滅すると言われ続けて60年

COBOLは1959年、インターネットが生まれる遥か以前のメインフレーム時代に生まれたコンピュータ言語です。大学で教わるようなものではなく、使いこなせるのは現場で覚えた生き残りの人たちだけ。完全自動処理ではなく、手動で実行する処理も多く、早くから「死にゆく言語」と言われてきました。

早くから、というか、開発の翌年には開発チーム自身が「そんなに長続きしないだろう」と冗談でCOBOLの墓石(写真)をつくっていたほどなのですが、これがなかなか廃れなくて、今だに「銀行システムの43%、対面取引の80%、ATMの95%」(Reuters)はCOBOLなんですね。

アメリカではCOBOL使いのおじいちゃんたちが集まって立ち上げた「COBOL Cowboys」というコンサルタント企業まであって(社内では50代が「若手社員」)、レア過ぎる人材としてプレミアムプライスでサービスを提供しています。ここによると「フォーチュン500の大企業の9割はいまだにCOBOLが走るシステムを使っている」んだそうですよ? ひゃー…。

なぜいまだにCOBOL?

本当になんで?って思ってしまいますけど、金融、官公庁の業務システムは365日24時間のミッションクリティカルな業務を扱う巨大組織なので、よっぽど悪いところがないと置き換えられないんですね。

それに、COBOLからJAVAへの移行には膨大な手間と費用もかかります。たとえば2012年に移行したオーストラリア・コモンウェルス銀行の場合、5年の歳月と10億豪ドル(約680億円)もの費用がかかりました。

それなんかはまだいいほうで、英TSB銀行は買収時に脱COBOLしたら、何日も業務停止となって3億3000万ポンド(約444億円)の事業損失を出してしまったうえに、システムのメルトダウンに乗じた詐欺の餌食となって、そちらでも4910万ポンド(約66億円)もの被害を出してしまい、カスタマーからの苦情が204,000件集まって、その対応用の新規採用で1億2200万ポンド(約164億円)、顧客補償で1億2500万ポンド(約168億円)のマイナスとなって頭取が辞任。今も完全には立ち直っていません。

そういうのを聞くと恐ろしく恐ろしくて迂闊に移行できない気持ちもよくわかりますよね…。

2兆ドルの景気対策で盛大にクラッシュ

20200414unemployment_application
ドライブスルーで失業給付金の申請用紙を配布する州も…
Image: Gettys

こうしてずるずる先延ばししているうちにパンデミックの景気刺激策発動で手当請求のトラフィックが津波のように押し寄せ、レガシーシステムが各所でクラッシュ。「サイトが何日も落ちたままで、失業手当を申請できない!」と騒ぎになって、各地の知事が「COBOL使い急募!」と檄を飛ばす異常事態となったというわけです。

失業手当のシステムにCOBOLを使っている州はThe Vergeが把握しただけでも最低12州あり、IBMではCOBOL無料講座を公開し、行政と金融機関にCOBOLプログラマーの人材を紹介する支援を開始しました。

【各州の状況】

オクラホマ州:雇用保険委員会事務局長が「うちは30年前のメインフレームを今も使っている。プログラミングが難しくて、なり手がいない」とBloombergにコメント。


ニュージャージー州:知事が「システムアップデートのCOBOLプログラマー急募」と発表


コネチカット州:労働コミッショナーが「週3,000件の申請が12日で18か月分以上集中した」と会見で発表。隠居中のCOBOLプログラマーに6週間分の失業手当交付処理の応援を委託。


フロリダ州:申請が多すぎて、急きょ紙で受付中。


カリフォルニア州:処理を待たずに、給付の前倒しを一部認める。


コロラド州:「あと1、2か月で移行が終わってCOBOLを脱却できるところだったのに…」と悔しさを滲ませる。

COBOLがぶっ壊れている間は電話や紙。それも不安だなあ…。早く直ることを祈るばかりです。

    あわせて読みたい

    powered by