Apple、「今、人々の移動量がどう変化しているか」を可視化するツールを提供へ

  • 5,612

  • author 塚本直樹
Apple、「今、人々の移動量がどう変化しているか」を可視化するツールを提供へ
Image: Apple

ステイ・ホームです

新型コロナウイルスの感染に伴い、一変してしまった街の風景。そしてApple(アップル)は感染拡大を防ぐため、人々の移動の傾向を可視化するツールを提供すると発表しました。

このツールでは、コニュニティ内で徒歩や自動車、公共交通機関を利用して移動する量の変化を表示します。それを元にどのような対策が有効なのかを考えられる、というもの。主要都市および63カ国でのAppleマップの集計データが利用されるそうです。

たとえば、私は朝の散歩以外ではめっきり街を歩くことがなくなりました。お昼に車でビーチまで行き、散歩をするというのが新たな習慣に。場所は変わっても徒歩による移動量はそれほど変化がなかったりします。このようなデータも、行政機関にとっては貴重なものとなるのかもしれません。

独自ドメインを取得していたりも

その他に興味深い動きとして、アップルが「AppleCoronavirus.com(アップル・コロナウイルス・ドットコム)」というドメインを取得していたことが、MacRumorsによって指摘されています。このドメイン登録は、アップルがGoogle(グーグル)と協力し、Bluetooth技術によって新型コロナウイルスの濃厚接触に関する追跡調査を行うと発表したのと同時に行なわれました。

なおドメインは特許のように、たとえ具体的な用途がなくても、いたずら防止のために取得されることもあります。AppleCoronavirus.comがどう使われるのかも現時点では不明です。

ともあれ、Appleもコロナウイルス対策計画を進行中です。

Source: Apple, MacRumors

    あわせて読みたい