2021年のMacBookのプロセッサ、iPad向けA14X(仮)がベースになるかも

  • 13,622

  • author 塚本直樹
2021年のMacBookのプロセッサ、iPad向けA14X(仮)がベースになるかも
Image: Omar Tursic / Shutterstock.com

パワーはいかほどに?

最近新しい情報がザクザク登場する、ARMベースプロセッサ搭載Macの噂。さらに海外からは、2021年のMacBookiPad向けのA14X(仮称)を改良したプロセッサが投入されるとの情報が伝えられています。

fudzillaが関係者から入手した、今回の情報。A14Xベースのプロセッサの開発コードが「Kalamata」となり、5nmプロセスで製造され、高性能な「Firestorm」を8コアと高効率な「Icestorm」を4コア搭載するらしいという情報は、以前のBloombergの報道と一致しています。

これまで、Apple(アップル)はまずiPhone向けに新型Aシリーズプロセッサを投入し、その後iPad向けにCPUコアやGPUコアを強化したAxxXプロセッサ(たとえばA12X)プロセッサを搭載していました。この方向性をさらに進化させ、MacBook向けにA14Xの改良版を開発しているというのは、ある意味予測どおりでしょう。

さらに今年、Appleは新型iPad Pro向けにiPhone 11シリーズの「A13」の改良版となる「A13X」ではなく、「A12X」の改良版となる「A12Z」プロセッサを搭載しました。このことから、将来的にはiPhoneむけに「Aシリーズ」、iPad向けに「AxxZシリーズ」、そしてMac向けに「AxxXシリーズ」プロセッサが投入される、という推測も成り立ちそうです。

さらに著名アナリストのミンチー・クオ氏は、ラップトップだけでなくデスクトップにもARMベースのプロセッサ(Aシリーズプロセッサ)が投入されることを報告しています。近い将来、アップルのPCは自社製プロセッサで統一するのかもしれませんね。

Source: fudzilla via 気になる、記になる…

2020年5月1日 10:10 追記:参照リンクを追加しました。

ARM版Mac ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by