BBT大学、代理ロボで完全オンラインの「アバター卒業式」を実施

  • author 岡本玄介
BBT大学、代理ロボで完全オンラインの「アバター卒業式」を実施
Image: BBT大学

未来の卒業式はロボットが代理で出席する…?

文部科学省の認可を受け、通学することなく、100%オンラインで経営学士資格、MBA取得ができるビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)にて、ロボットのアバターを使った卒業式が行なわれました。

卒業式が執り行われたのは2020年3月28日、ホテルグランドパレスにて。そして使われたのは、ANAホールディングスが独自開発した「newme(ニューミー)」とのこと。ネットで通える大学が、これまたオンラインで卒業できるのはユニークですし、たまたまですが新型コロナウイルスの不安が高まる中での需要と一致する取り組みになりました。

BBT大学のプレスリリースでは、今回の式は大学と院から2名ずつの4名が、卒業生代表として出席し、ディスプレイに配信された顔の映像を映して式に臨んだ様子が伝えられています。

「newme」はハットとガウンを着て、授与された卒業証書を持って車輪で会場内を移動していました。このおかげで、「単位を全て取得しました、ハイおしまい」という無機質なものではなく、温かみのあるオンライン卒業式が実現できたのだそうです。

200407_bbt2
Image: BBT大学

「newme」について

開発したのは、ANAホールディングスの新事業会社avatarin。これは4輪の台車から首が伸び、その上に10.1インチ(26cm)のディスプレイを搭載した普及型アバターロボットです。用途に制限はなく、遠隔地の展示やショーを見たり、買い物をしたりと、使い方は工夫次第。しかし、卒業式というのは想定されていなかったかもしれません。

オンライン卒業式の時代が来るかも?

ちょっと前には、中学生たちが自らゲーム『マインクラフト』で卒業式を行なったことが話題になりましたし、芸能人がYouTubeをチャンネルで名前を読んでくれるリモート卒業式もありました。心に残る卒業式にするために、いろいろなアイディアが求められますよね。ギズモードも何か考えてみようかな。

Source: BBT大学 (1, 2), PR TIMES via boredpanda, avatarin, 電ファミニコゲーマー, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by