Galaxy S20レビュー:「オススメ!あり!」って即答できるスマホ。世界がいつもどおりだったらね

  • 25,682

  • author Caitlin McGarry - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
Galaxy S20レビュー:「オススメ!あり!」って即答できるスマホ。世界がいつもどおりだったらね

1番お安いフラッグシップ端末。

コロナのせいであんまり売れていないらしいSamsung(サムスン)のGalaxy S20。しかし、がっつりレビューした米Gizmodoいわくフラッグシップ最安値でこれならめっちゃいい!とのこと。

そもそもS20シリーズは高いことが発表後まず話題にあがりましたが、1番安いスタンダードモデルS20と言っても1000ドル。そこを頭にいれつつ、レビュー見てみましょう。


今の状況を考えると1000ドルは…

Samsungのフラッグシップモデルの中で最安値となるのがスタンダードモデルのGlaxy S20。ディスプレイサイズ6.2インチで1000ドル(日本での一括価格は10万円~11万円ほど)。現状では業界最高峰のディスプレイ(これより上はS20上位モデルのS20+/S20 Ultra)。普段ならGalaxy S20は1000ドルの価値あるいい端末!とソッコー言っているところですね。

普段なら…。

今、新型コロナの影響で、世界的に通常運転ではありません。家から出られない、失業率増の中、1000ドルのスマホをおすすめするのはどうかなっていう気持ちです。スマホのカメラやプロセッサがあれこれなんて、とりあえず後回しって時ですよね、今は。でも、もし新しい端末が必要だという人がいれば言いたいです、S20は買いなAndroid端末だよって

Samsung Galaxy S20

200331s20standard01
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

これは何?:SamsungのフラッグシップS20シリーズの中で、最も小さく安いスタンダードモデル。
価格:1000ドル(日本での価格は10万2,960円(ドコモ 税込み)/11万7480円(au 税込み))
気に入った:駆動速度120Hzの美ディスプレイ、バッテリーもち良好、RAMが12GB、上位モデルのS20+とカメラは同じ
気になった:カメラモード切り替え時のビミョーな間、5Gでもサブ6の電波でしか動かない

このサイズ感が好き

S20はまず気がいい。言い方が変ですけど、なんか持っていると気分がいい

細長めの形とエッジまである少し角丸なディスプレイが、私みたいに手が小さな人でも馴染みます。昨今は大きめ端末が多いので、ある意味普通のサイズと言えるS20だと、親指ひょひょいで基本タスクもやりやすい。これが、S20+(6.7インチ)やS20 Ultra(6.9インチ)だと、ひょひょいは無理なので。

大きな端末の大きな高スペックスクリーンが好きという人もいるでしょうが、S20だって悪くないですから。フルHD+ですけど、そのぶんバッテリーもちはよくなるし。リフレッシュレート120Hzで、ウェブページのスクロールがしやすいし美しいし。

とにかく画面操作しやすい&スムーズなので、気がつけば小一時間ほどゲームに集中してしまったなんてことも。

200331s20standard02
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

5Gは5Gだけど…

S20は5G対応=近未来対応です。しかし、ちょっと落とし穴があって、ローバンドのサブ6GHz 5Gネットワークのみの対応なんですね。アメリカでは、T-Mobileがこれに対応しており、AT&TやVerizonは、よりスピーディーなネットワークがあるので要注意。また、5Gの電波をキャッチするのもあっちやこっちに端末かざして探すという状況で、うまく掴めばギガ速ですが、探してる時間考えるとちょっと馬鹿らしいという気も。

S20を使って、T-Mobileの5Gでの平均ダウンロード速度は85Mbpsだったのでちょっとガッカリ。それでも、iPhone XSでAT&Tの「5GE」使ったら33Mbosだったので、それよりはマシか。真の5Gは、ハイ/ミドル/ローバンドをミックスして使うことで本領発揮するので、つまりS20ではこれにあやかれないと。

上位モデルとあれこれスペック比較

S20+/S20Ultraと同じく、チップはQualcomのSnapdragon 865を搭載。RAMが12GB。容量は128GBでMicroSDスロットがあるので拡張可能。ヘッドフォンジャックはなし。

200331s20standard03
もうヘッドフォンジャックに期待するのやめよっと。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

バッテリーは4000mAhで数字的には強めですが、編集部の動画再生テストの結果は15時間16分。S20 Ultraの14時間41分よりはいいけれど、S20+は4500mAhバッテリー搭載で15時間56分でしたから。まぁ、これくらいの差では、価格差200ドルを考えると購入のマイナスにはならないかと。

カメラ的にはお買い得だけど、カメラ機能は実用的ではない

注目すべきは、やはりカメラ。上位モデルのS20+と同じカメラがついてます。12MPワイドアングル12MPウルトラワイド64MP望遠(3倍ハイブリッド光学ズーム)のトリプルカメラです。

S20のズームを試すため、あの有名なハリウッドサインを撮影してみました。iPhone 11 Pro Maxと比較すると、S20のズームの方がよりスムーズな印象。一方、iPhoneは色がリアルに近い。

次にグリフィス天文台で、S20の暗所撮影機能Night Modeとズームをお試し。Pixel 3のNight SightとSuper Res Zoomと比較してみました。結果はPixel 4の圧勝。ナイト撮影ではやっぱりPIxelが強い。ただ、PIxelでも夜でズームはそこまで寄れず。S20もナイト&ズームは、画像がかなり荒くなりました。S20のNight Modeはズームなしだといいですが、比べるとPixel 4の勝ちで建物や木々の緑が綺麗。

個人的には、S20のLive Focus(Portrait ModeのSamsung版)がそんなに好きではなく。色がナチュラルなのはiPhone 11 Pro Max。iPhoneとPixel 4に比べて、S20は顔がアップになりすぎ。

galaxys20-shot1
S20の方がiPhone 11 Pro Maxよりもズーム画像がスムーズ。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

galaxys20-shot2
暗所ズームではPixel 4のNight Sightが、S20のNight Modeよりもディティールがある。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

galaxys20-shot3
S20の方が青はより青く、緑はより緑で雰囲気いい。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

galaxys20-shot4
Pixel 4のNight Sightの方が明るくビビッド。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

galaxys20-shot5
S20のLive Focusはすごい寄ってくる。iPhoneの方が色味が自然。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

galaxys20-shot6
Pixel 4の方が暗めも、ウェーブの髪の毛までしっかり捉えている。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

S20のカメラで気になったのは、ちょっとしたラグ。カメラのモードを切り替えるたびに、まだ?って言いたくなるくらいの間があるんです。これじゃシャッターチャンス逃します。

総合的に見るとS20のカメラは良き。ただ、Night HyperlapseSingle Takeなどの機能はちょっとギミック感が強いかも。(ソフトウェアアップデートでS10、Note 10でも使えるように)Samsungは、とりあえずできる機能を全部フラッグシップ端末に詰め込んではみたものの、実際に使った時にどうかまでは深く考えなかったのかも。

200331s20standard04
写真機能は多いけど、実際使うにはギミック感が強いかも。
Photo: Caitlin McGarry (Gizmodo)

まとめ

少々気になるところはあるものの、Galaxy S20はいい端末です。ただ、今、コロナによる状況を考えると1000ドルのスマートフォンを買いとは言えず…。状況が落ち着いて、新しいスマホが欲しいとなればもちろんオススメ。S20は、美しく、速く、長く使える端末なのです。

・5G対応の未来型端末ではあるおのの、サブ6GHz 5Gネットワークのみ。
・Samsungの2020年フラッグシップモデルでは最安値。上位モデルのS20+と同じカメラ搭載。
・リフレッシュレート120Hzで美スクリーンだけど、フル画質で動かず。
・1000ドル端末を買うのは難しい現状だけど、各キャリアのキャンペーンしだいではアリ。


Galaxy S20 ほしい?

  • 0
  • 0
GALAXY

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by