俺たちに人工呼吸器を作らせてくれ。GEの労働者が、安全なデモで会社に要求

  • 8,950

  • author Whitney Kimball - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
俺たちに人工呼吸器を作らせてくれ。GEの労働者が、安全なデモで会社に要求
Image: Gizmodo US

使える場所と労働力、使いましょう!

今日、米マサチューセッツ州にあるゼネラル・エレクトリック(GE)の航空工場の労働者たちがデモを開始。どんなデモかというと、飛行機製造の代わりに人工呼吸器を作らせてくれ!というもの。先週、GEの航空部門は先週、多くの労働者の一時解雇を発表。一方GEの医療部門は、人工呼吸器の製造をスピードアップするように、政府からプレッシャーをかけ続けられています。

GEはすでに人工呼吸器を製造していますが、コロナの影響でこれまでの2倍製造量を増やしている状態です。「労働者たちは解雇によって、この先に対して不安に思っています。GEの人工呼吸器を製造する部門はパンク状態なので、これ以上の解雇を防ぎ、労働者のスキルを必要な装置を製造するために使うのはコロナ危機を救う助けとなると考えています」と話すのはGEの航空機部門の労働組合の代表。労働者たちはマサチューセッツ州にあるGEの本社前でお互い2mずつ距離を取ってプラカードを持って立ち、デモをおこなっています。GE航空部門では、アメリカにいる2,600人の労働者の一時解雇と飛行機のメンテナンス、修理、分解検査をする正規従業員の50%を90日間一時解雇すると発表しています。テキサス州、バージニア州、カンザス州、ケンタッキー州の工場が閉鎖されたり多くの労働者が解雇されていて、これまで在籍していた20,000人が、今は1000人くらいまでに縮小されていて工場はガランとした状態になっているとのことです。

人工呼吸器の生産の増大は政府に大いに望まれている状態で、ニューヨーク州知事のクオモ氏は州政府に毎日人工呼吸器の配送を訴えかけていますが、ニューヨークでは4万台の不足が見込まれているとのこと。3月27日、トランプ大統領は国防生産法に基づく権限を行使し、自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に対し人工呼吸器の生産を命じました。

ダラス労働組合のWalter Bradford氏は、GEが望めば、空っぽになった工場を蘇らせることができるはずだと話していますが、現在のところGEは、デモに対してのコメントを出していません。

    あわせて読みたい