RPG感覚で自炊できちゃう、ガジェット感覚のお鍋はいかが?

  • 5,388

  • author 照沼健太
RPG感覚で自炊できちゃう、ガジェット感覚のお鍋はいかが?
Photo: 照沼健太

素材を放り込んでボタンを押せば、「ポンっ」と料理のできあがり。

家を快適に過ごすために仕事環境を整えるのもいいですが、せっかくだから自炊をしてみるのはどうでしょうか? 健康の基本は食。素材を把握できる自炊は健康への近道ですよ。

そこでおすすめしたいのが、シャープ「ヘルシオホットクック」。ひとことで説明するなら、材料を放り込んでボタンを押せば、放っておいても料理が完成する“新世代の鍋”です。

料理センス必要なし、用意するのは食材だけ

YouTube: シャープ公式チャンネル SHARP / YouTube

使い方は、食材を放り込んでボタンを押すだけ。

まるで『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の鍋みたいです。

レシピに合わせて材料をカットして鍋に入れてふたを閉じ、レシピを選択して調理開始すれば、あとは調理終了の合図を待つだけ。ふたを開ければ料理の完成です。

L1000936-1
Photo: 照沼健太

手間がかかる料理と言われるミートソースも、食材を入れてボタンを押すだけ。

どうしてこんなことができるのかというと、「蒸気センサー」と「温度センサー」で火加減を調整し、まぜ技ユニットと呼ばれるパーツが鍋の中を混ぜてくれるから。

普通に料理するより美味しい

そしてこれが重要なのですが、簡単なだけじゃなく美味しいんです。

密閉した鍋の中、食材の水分を最大限に利用して調理するため、素材本来の旨みが外に出ないんだそうです。

さらに、そのおかげで塩やその他の調味料が少量でOK。椎茸などのだしが取れる食材を入れれば、だし汁を使わず水だけで美味しいみそ汁ができるほどです。サイエンスというか、テクノロジーの勝利って感じですね。今までの失敗料理は一体何だったんだ…。

僕はこのヘルシオホットクックを購入してから、外食やUber Eatsの利用がかなり減りました。これに素材を放り込んでカレーやミートソース、ぶり大根、ポトフなんかを料理して、余ったら冷蔵庫や冷凍庫にストックしておけば、いつでもすぐ美味しいご飯が食べられるんですから。

調理中も放っておけばいい。在宅ワークとの相性も抜群

そして、このホットクックを使っていて感じるのは「放っておける」ことの重要性

調理ボタンを押せば、火加減を見る必要ありません。仕事をしたり、YouTubeを観たりと時間を自由に使えます。

現代の三種の神器と言われる「全自動ドラム式洗濯機」「ロボット掃除機」「食洗機」もそうですが、“ボタンを押して放っておけばOK”という使い勝手は、これからの家電の基本になってくると思いますね。

L1050819
Photo: 照沼健太

ちなみに、蒸し皿がついているので、蒸し器としての利用や、2段で別々の料理を作ることも可能です。

L1050902-1
Photo: 照沼健太

また、個人的に重宝しているのは、温泉卵レシピ。

卵を4〜5つほど内鍋に入れて水に浸し、ボタンを押すだけで約30分後には温泉卵が完成します。料理のトッピングやタンパク質補給に重宝する卵ですが、生で食べるのは細菌の問題もあるため抑えたいところ。そこでこの温泉卵レシピには助けられています。

料理のプロセス自体が好きという方や、味に徹底的にこだわりたい人には物足りないガジェットかもしれませんが、シャープ「ヘルシオホットクック」は広くおすすめしたいアイテムです。


Source: SATYOUTH.COM

ヘルシオホットクック ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by