サムスンの噂の豆型イヤホン、本物であってほしい

  • 10,038

サムスンの噂の豆型イヤホン、本物であってほしい
Image: Winfuture

おもしろい形状ですが、果たして...?

先日、新しいSamsung Galaxy Buds+と噂されるレンダリング画像が公開されました。その特徴的な形は、米GizmodoのVictoria Song記者にとっては夢のようなものだそうです。さて、どうしてでしょう?


Samsung Galaxy Buds+は、デザインに関しては革新的なことはありませんでした。完全な刷新というよりはマイナーアップグレードだったからです。しかし、新たにリークした新世代Galaxy Budsはなんと言いましょう、完全に「」です。

コードネームは「豆」

レンダリング画像はドイツのテックサイト、Winfutureが入手したもので、名前不明のメーカーによる3Dデータを元に作られたものだそうです。また、サイトによるとこのイヤホンのコードネームは、ピッタリな「Beans」だそうです。ただ、内部でのコードネームは「Popcorn」だそうですが、Samsung(サムスン)は本物のポップコーン見たことあるんでしょうか? 明らかな形状の違いもそうですが、より小さく、スマートで、恐らく耳から飛び出さないようになったのは、以前のGalaxy Budsからの脱却と言えます。

Winfutureによると、この豆イヤホン(もう勝手にこう呼びます)の長さはおよそ2.8センチで、後ろの部分が外耳道の上の部分を覆い、下の部分がスピーカーを支える形になるそうです。スペックに関しては、小さなスピーカーが2つに、複数のマイクが通話やノイズキャンセリングのために備えられています。また、イヤホンが耳に入っているかどうかを検知するセンサーも内蔵されているかもしれないとのこと。

アクティブノイキャンがない可能性も

ひとつ留意すべき点は、豆イヤホンはアクティブノイズキャンセリングを搭載していない可能性が高いそうで、ライバルのAirPods Proにあることを考えると非常に残念です。しかも、レンダリング画像のどこを見ても、音漏れを防ぐようなシリコンのウィングや突起が見当たりません。

耳の穴の小さい人にはいいかも

200411_samsungearbud_02
Winfutureによる、装着時のイメージ図
Image: Winfuture

耳の穴が小さい私には、この画像が本物なら朗報です。多くの完全ワイヤレスイヤホンは着けにくいし、AirPodsなどは振り返っただけで落ちてしまいます。パートナーのBose SoundSportsも試してみましたが、耳の後ろの髪をちょっとかきあげただけで落ちてしまいました。最近参加した5Kレース中にも、私のJabra Elite 65tが耳から飛び出し、レース中なのにそれを追いかけなければいけませんでした。この豆形状が本当にピッタリくるかは分かりませんが、耳が小さい人だけがウィングを取っ替え引っ替えしなければいけない現状にはウンザリしていたところです。

「豆」は無事発売されるか?

これが実現するかどうかは様子を見なければいけません。Winfutureによると、現在この新型は検証試験を行なっている最中だそうです。つまり、これからSamsungが形状を変更したり完全に中止する可能性もあり、豆イヤホンが日の目を見ないかも知れないのです。しかし少なくとも、このレンダリング画像は興味をそそるし、Samsungがこれまでの形にとらわれず、これからいろいろと変えようとしているのが見て取れます。

Samsung Galaxy Buds+ ほしい?

  • 0
  • 0
サムスン

シェアする

    あわせて読みたい