ビデオ会議に出るのはもう嫌だ!あるエンジニアが考えた解決方法

  • 47,451

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
ビデオ会議に出るのはもう嫌だ!あるエンジニアが考えた解決方法
Image: redpepper/YouTube

まさにデジタルコピーではありますけどね!

こんなに家でビデオチャットする時間が増えるなんて考えてもみなかったですよね。ビデオ会議続きで、もう限界がきてしまった人がすごいものを作っちゃいました。エンジニアのMatt Reedさんは、自分がカメラの前に座らなくても、変わりにAIで受け答えができる自分を作っちゃったんです

ちゃんと自分に向けられた質問を聞きとるようになっていますが、拾えなくて他の人に「聞いてた?」などの質問をされた場合は「ちょっとよく聞こえなかったんですけど」と返答するように設定されています。

Video: redpepper/YouTube

ふ、ふ、不自然...。最初の数分は気づかれないかもしれないですが、他の人も笑っちゃってますね。でもこれを「ビデオ会議に出るのがもう嫌だ!」という理由だけで作っちゃったのはすごい。ReedさんはTwitterで連絡くれたらこのプログラムのコードを喜んでシェアするよ、と言っているので、エンジニアのみなさん、念のため作っておいて、少し席を外したい時とかにデジタルコピーAIを座らせておくのいいかもしれませんよ?

作り方

どうやって自動AI応答の自分を作成したかというと、まずパソコンのカメラの前に座った自分の頭を動かしたり、しゃべっている様子など様々なポーズでセルフィーを撮りまくります。ちゃんとパソコンのカメラを見ながらです。その後、声と呼応する顔の表情を作ってくれるツールに読み込ませます。それからバーチャルのウェブカメラスクリーン動画を作れるManyCamというソフトウェアを使って、そこに作ったものをはめ込みます。こうして自動で応答してくれるデジタルコピーロボットが完成!

ちなみにこのReedさん、ぶっとんだものを作ったのは2回目。前回は「ウォーリーを探せ」のウォーリーを自動で探すため顔認証カメラ付きのロボットアームを作っちゃってました。

    あわせて読みたい

    powered by