マスク2枚が40枚ぶんに。1日8万枚マスクを滅菌できる装置が米国で緊急稼働

  • 10,071

  • author satomi
マスク2枚が40枚ぶんに。1日8万枚マスクを滅菌できる装置が米国で緊急稼働
Image: @Battelle
ものすごい数のマスク! プシューっと過酸化水素を高圧で吹き付けて滅菌中


背に腹は代えられない…!

新型コロナウイルスによるマスク不足で、救急救命士が命の危険にさらされている米国。その限りあるマスクを、消毒することですり切れるまで使える滅菌装置にFDAの認可が下り、稼働がスタートしました。

開発元は米オハイオ州コロンバスのBattelle(バテル)社。最初は「オハイオ州内のみ使用を認め、1日1万枚まで」という条件付きの運転許可でした。ところがMike DeWine州知事が日曜日に緊急記者会見を開き、「これだけ全国規模でマスクがなくて困っているときに制限を加えるなんておかしい。1日8万枚消毒できるんだから最大限、力にならせてくれ」と訴え、大統領がツイッターで応援に回り、州司法長官も国を訴えると脅し、上限なしの許可に日曜夜切り替わりました。

サージカルマスクでも防護マスクでも消毒でき、1つのマスクを最大なんと20回まで再利用できます。丁寧に使えば20回までであれば防御力が劣化する心配もないのだとか。まるでマスク2枚が40枚に増えるかのようですね。

消毒はこんな貨物コンテナの中で過酸化水素蒸気(HPV)を高圧で吹き付けて行ないます。コンテナ1台で1日8万枚もさばくことが可能。州内はもとよりシアトル、NY市にも送る手筈が整っており、すぐにでも稼働できるんだそうですよ? すごい。

20200401Battelle_CriticalCareDecontaminationSystem
Image: Bettelle via ABC

FDAの上限なし許可発動を受け、Battelle社はさっそく月曜、第1陣の3,500枚を消毒し、コロンバス市内の病院の集中治療室に届けました。火曜も絶賛稼働中です

アジアを見習って「やっぱりマスクやろっか…」という声も米政府で出はじめていて、マスク不足はまだまだ続きそうです。安全性の評価は同社が2016年にFDAに提出した論文を公開しており、これを参考にデューク大学もマスクを消毒して再利用しています。日本でも滅菌装置はあるはずなので、国の非常時特別許可さえ下りれば消毒&再利用はアリな気がするのだけど…。

Sources: Battelle, ABC

    あわせて読みたい

    powered by