絶対にシュートがはずれないバスケゴール、できちゃった!

  • 26,925

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
絶対にシュートがはずれないバスケゴール、できちゃった!
Video: Stuff Made Here/YouTube

運動音痴なんてカンケイない!

以前、「ダーツは苦手だけどエンジニアリングは得意だから…」といって必ずブルズアイに届くダーツボードを作った人がいました。その仕組みは、ダーツボードの方が率先して動いてくれるというもの。

そして最近、こんどは無限にバスケのシュートができるバックボードを作ったという人物が現れました。

あらゆる知識をフル活用したらできた

Shane Wightonさんは、まずバックボードに必要な形状を正確に測るためにソフトウェアを開発し、シュートをキメる角度や速度を数百ものシュミレーション結果を算出。その結果、フルーツボウルのような楕円と放物面の形状が最適だとわかったのだそう。

Video: Stuff Made Here/YouTube

トライ & エラーを経て...

バックボードの形状は、CNC自動切削工具で木片を切断できるように3Dメッシュに変換。膨張スプレーフォームで亀裂を埋めつつ組み立てることで、1枚の大きく滑らかなボードが完成したといいます。

ところが、最初に出来上がったバックボードは予測どおりに機能しなかったといいます。ショットはフープの前面に向かってすべてバウンドしてしまったのだとか。原因は、シミュレーションでボール自体のサイズを考慮していなかったこと。フープをバックボードから数インチ離したところ、すべてのショットがターゲットに当たるようになったそうです。20分以上の動画では、制作過程までじっくり説明しています(英語)。

このバスケゴールももちろんすごいんですけど、それ以上に私はShane Wightonさんの知識量とモノづくりスキルに脱帽です...!

絶対に入るバスケゴール ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by