『ワンパンマン』が『ヴェノム』陣営で実写化、決定

  • 11,426

  • author James Whitbrook - io9
  • [原文]
  • 中川真知子
『ワンパンマン』が『ヴェノム』陣営で実写化、決定

「趣味でヒーロー」なあいつがハリウッドに殴り込み。

どんな敵でも一発で倒してしまうハゲのヒーロー『ワンパンマン』が、映画『ヴェノム』(2018年)のスタッフによってハリウッド実写化映画化されるんですって! え、誰があの無気力キャラを演じるのよ?

米Varietyによると、脚本を書くのは『ヴェノム』のスコット・ローゼンバーグジェフ・ピンクナーのふたり。彼らは最近の『ジュマンジ』シリーズの脚本も書いていたんですが、まさか、ハゲ繋がりでサイタマはドウェイン・ジョンソンなんてことに…ならないですよね、多分。

あ、『ワンパンマン』ってなんぞや、という人のために軽く説明しますね。『ワンパンマン』は『アンパンマン』の親戚とかではありません。漫画家ONEが2009年からウェブサイトで連載したもので、2012年から原作をONE、作画を村田雄介でリメイクして「となりのヤングジャンプ」で連載したという作品です。

主人公サイタマは就職活動に行き詰まっていたんですが、ある日、街で暴れていた怪人をやっつけたことでヒーローに憧れていたことを思い出し、就活をやめてヒーロー訓練を始めます。で、頭がハゲ上がるほどの過酷な訓練を3年間も続けた結果、最強の力を手に入れたんですねどんな敵でも一撃でやっつけられるようになったのはいいけれど、強くなりすぎてつまんないから、仕事(ヒーロー)にやりがいを感じられなくて無気力、という設定のお話です。

Varietyによると、製作を務めるソニーは「実写版『ワンパンマン』の製作を優先順位かなり高めにしている」とのこと。

日本コンテンツのハリウッド映画化というと、まぁ、いろいろ心配なことが出てきますよね。なにせ、サイヤ人版『ブレックファスト・クラブ』となった『ドラゴンボール・エボリューション』や、ホワイトウォッシュ問題が内容そっちのけで論じられた『ゴースト・イン・ザ・シェル』のような例がありますから。

鍵となるのは、サイタマのキャスティングでしょう。あの無気力さを出せる人って誰でしょうね。ハゲで無気力というと『ザ・メガロドン』のジェイソン・ステイサムを思い出しますが、まさか、まさかね…?

実写版『ワンパンマン』 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい