Razerの新Blade Stealth、最大の弱点を克服

  • 12,951

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
Razerの新Blade Stealth、最大の弱点を克服
Image: Razer via Gizmodo US

キーボードだって大事です。

すでにゲーミングラップトップとして重要なポジションにある、Razer。そのゲーミングラップトップ「Blade Stealth」の新モデルは最大の欠点を克服しつつ、より高速なCPUとGPUが提供されています。

1,800ドル(約19万円)という価格は高額ですが、Blade Stealthはベースモデルでも強力です。プロセッサは25WのIntel Core i7-1065G7で新GPUのNvidia 1650 Ti GPUを標準で装備し、16GBの高速なDDR4X RAM、512GBのNVMe SSDストレージが組み合わされます。そしてもっとも注目なのは、13.3インチ/フルHD解像度でマット加工の120Hz駆動ディスプレイではないでしょうか。Razerはこれを、13インチラップトップでは唯一のものだと主張しています。

なお、コンテンツ製作者のために、4K解像度でタッチ操作に対応した13.3インチディスプレイもオプションとして用意されています。Razerによれば、新型Blade Stealthは従来と同じアルミシャーシで、10%高速なグラフィックス性能を実現しているとのこと。

f9wvwgzpzbvq6lm9ggud
Image: Razer via Gizmodo US

そしてタイトルでも触れた最大の弱点の克服とは、幅の広い右シフトキーと、キーボードレイアウトの変更です。以前のBlade Stealthのキーボードは窮屈であまり使い勝手が良くなかったのですが、顧客からのフィードバックを取り入れリフレッシュしたのは良いことです。

一方で、新しいBlade Stealthのキーボードはハーフサイズの上下矢印キーを採用しています。矢印キーはゲームの最中にはあまり使わないので、これは大きな問題とはならないでしょう。

lcpgew3fwycpgfecmzuu
Image: Razer via Gizmodo US

その他のスペックとしては、3.1ポンド(約1.4kg)の本体にクアッドスピーカーシステム、2個のUSB 3.1 Type-A、Windows Helloの顔認識用のIRウェブカメラを内蔵しています。

新型Blade Stealthは完全新作というわけではありませんが、特に問題はないでしょう。本体価格は120Hzディスプレイ搭載モデルが1,800ドルから、そして4Kディスプレイ搭載モデルが2000ドル(約22万円)からです。

Razer Blade Stealth (2020春) ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい