一酸化窒素で新型コロナウイルスの症状を抑えられるか試験中

  • 11,211

一酸化窒素で新型コロナウイルスの症状を抑えられるか試験中
Image: shutterstock

ぜひとも早く実用化してほしい!

マサチューセッツ州とイタリアの科学者たちは現在、私たちにも馴染みのある治療方法で新型コロナウイルス(COVID-19)に挑もうとしています。すでに臨床試験に移っているその方法とは一酸化窒素の吸引で、これが新型コロナウィルスの重症患者に効果があるかを確かめようとしています。さらに、あらかじめ吸引しておくことで医療従事者への感染も防げるかもしれないそうです。

一酸化窒素とは

一酸化窒素(NO)は私たちの体に非常に重要です(亜酸化窒素、いわゆる「N2O」または「笑気ガス」とは違うので注意)。血管の拡張を助けることで、体に血液と酸素が循環しやすくするのです。呼吸不全を起こして酸素不足になった患者の肺動脈の血圧を下げるため、世界中の医師が過去何十年も使用してきました。肺動脈が詰まっていると、たとえ人工呼吸器を通じて酸素が供給されていても、肺がうまく酸素を処理できません。この利用方法は90年代に呼吸困難な新生児に使用され始め、1999年には正式にアメリカ食品医薬品局(FDA)に治療として認められました。それ以降は新生児に限らずさまざまな層の患者に対して使われています。

「現在までに50万人ほどの米国人がNOを吸引しています。心臓手術やその他さまざまな手術を受ける大人もそうだし、一年あたり3万人の新生児もです」と米Gizmodoに電話を通じて語るのは、マサチューセッツ州総合病院の名誉麻酔医であり、ハーバード医科大学の教授であるWarren Zapol氏。

ARDS

新型コロナウイルスにかかる人の多くは風邪程度の症状で済みますが、ひどくなると急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を引き起こします。ARDSを起こした患者の肺は、漏れ出した体液で満たされて酸素が欠乏し、ある意味溺れてしまうのです。侵襲的人工換気などを行なうことで命を取り止めることはできますが、臓器不全や敗血症なども頻繁に起こりうるため、生存率は高くありません。しかも、ARDSは新型コロナウイルスの患者にとってだけでなく、それを治療している医療従事者にもリスクがあります。侵襲的人工換気などを行なうと、濃度が高く、エアロゾル化したウィルスに晒されてしまうからです。

「これらの症状が肺の負傷が原因であるというのは周知の事実です。しかし、放置すれば心臓、肝臓、そして他の臓器にまで影響が及んで死に至ります」とZapol氏。

一酸化窒素は、ARDSの患者の中でも人工呼吸器で酸素を供給できない患者の救急療法としてすでに利用されています。なので、Zapol氏と共同研究者たちは、新型コロナウイルスの重症患者にも使えるのではと仮説を立てました。しかし、彼らがこの治療法に興味を惹かれるのは、肺の活動の大きな助けになるからというだけではありません。

ウィルス自体にも効果あり?

およそ20年前、中国の科学者は、NOガスそのものがSARSコロナウィルスの成長を阻害し、殺菌すると見られる研究結果を発表。他の科学者も研究室で同じ現象を確認しました。新型コロナウイルスがSARSに近いコロナウィルス(SARS-COV-2と名付けられました)によって引き起こされているので、同じ方法が使えるのではと期待しているのです。

Zapol氏たちは現在、マサチューセッツ州総合病院でランダム化比較試験を行なっています。ひとつの試験は新型コロナウイルス患者で既に呼吸困難に陥っている人々を対象とし、もうひとつは新型コロナウイルスの症状がある程度進行した人々です。どちらも、一酸化窒素でこれ以上の悪化を防ぐことが期待されています。

事前の予防にも

彼らが早く承認を得たいもうひとつの試験があります。それは患者の治療にあたっている医療従事者を、一酸化窒素で守れるかどうか、というものです。従事者に対し、シフトの前と後に一酸化窒素を吸わせることで、ウイルスに感染しにくくなるのではとZapol氏たちは仮説を立てたのです。結果として酸素レベルが一時的に下がってしまいますが、理論上は普通に仕事できるはずだそうです。

「医師や看護師たちが感染してしまうのを見ていられません。なので、できれば彼らが感染しないようにしたいと考えています」とZapol氏。

新型コロナウイルスの治療法は、いくら他の治療で既に使われていても、実際に使われるまでには数々の臨床試験を経る必要があります。しかし、Zapol氏のチームはイタリアと中国の研究者たちと協力して一酸化窒素をそれぞれの国で試しています。なので、向こうで効果があるとわかれば、効果を証明する証拠が増えるわけです。

    あわせて読みたい

    powered by