#StayHome でも『ポケモンGO』、離れた場所のレイドに参加できる「リモートレイドパス」の実装へ

  • 11,391

  • author 小暮ひさのり
#StayHome でも『ポケモンGO』、離れた場所のレイドに参加できる「リモートレイドパス」の実装へ
Image: Pokémon GO

#StayHome で楽しめます。

位置情報ゲームの特性上、外出自粛が求められている昨今ではなかなか遊びづらいゲーム『ポケモンGO』。特に多人数の参加が求められる「レイドバトル」では、想定した楽しみ方ができなくなっているのが現状です。

先日はジムやレイドバトルにアクセスできる距離が倍になる一時的な対策が施されましたが、さらに一歩進んだアップデートが発表されました。

・「リモートレイドパス」を使用することで、離れた場所からレイドバトルに参加できるようになります。

・ポケストップを訪れなくとも、毎日1つフィールドリサーチのタスクを受け取ることができます。

・ギフトが少なくなると、相棒ポケモンがギフトを持ってきてくれます。

・ポケモンを強化する際、使用するアメ・「ほしのすな」の量を調節し、一度で任意のCPまで強化することができるようになります。

・「ほしのかけら」「しあわせタマゴ」「おこう」を複数個使うことで、効果時間を延長させることができるようになります。

・その他、バトル画面のデザインやパフォーマンスの向上などのアップデートを実施します。

一番大きな変更点は、やはり「リモートレイドパス」の追加。

これはマップで見える範囲のレイドバトルに参加できるレイドパスとなっているため、密接を防ぎつつ「 #StayHome 」しながらレイドバトルを楽しめます!やった!

なお、「リモートレイドパス」で参加できるトレーナーの数は限られていて、ゆくゆくは与えられるダメージ量などの調整が入るとのこと。場所に関係なくフレンドをレイドに招待できるようにする機能も、時間をかけて調整を行なう予定とアナウンスされています。

その他のアップデートもかなり多めで、外出を控えながらも楽しめる配慮がなされているので、トレーナーの方々はアップデートの熟読を!

Source: ポケモンGO

リモートレイドパス ほしい?

  • 0
  • 0
ポケモンGO

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by