Apple独自のARMチップ搭載「次世代Mac」の姿が見えてきた

  • 22,135

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
Apple独自のARMチップ搭載「次世代Mac」の姿が見えてきた

見える、見えるぞ!

Apple(アップル)が、自社パソコンに搭載するために独自チップを作っている話はすでに出回っています。作っていることは確定で、その上で気になるのは「いつ」出るかということ。ネタ元Bloombergの報道によれば、それは来年2021年に、Appleチップ搭載の次世代Macが発売になりそうとのこと。

2020年の予定が2021年に

Bloombergが取材した事情通からの情報によれば、Appleが現在開発しているプロセッサは3つ。すべて、iPhone 12搭載でデビューすると言われているAppleの次世代チップA14がベースとなっており、次世代Mac(少なくても1モデルは来年登場の噂)の根幹を担う存在となります。Apple関連でおなじみのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleチップ搭載の次世代Macは今年後半発表と予想していましたが、新型コロナウイルスの影響で、今は来年になると予想を変更しています。

Appleチップは、コードネーム「Kalamata(カラマタ。ギリシャの都市)」プロジェクトの一環と言われており、これはAppleのAシリーズチップをモバイルだけでなくパソコン部門にも広め、intel(インテル)など他社チップへの依存を減らすのが目的。

報道では、Appleチップは、現行MacのIntelチップx86ベースではなく、ARMベースとなり、台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー(TSMC)と提携するといいます。TSMCをパートナーに選んだ理由は、TSMCの5ナノメートル作製プロセスを使うため。ARMベースのAppleチップは、iPad Proの4コアからの超グレードアップで12コア。コードネーム「Firestorm」で開発されている高性能の8コアと、コードネーム「Icestorm」で開発中の省エネ系4コアを搭載すると言われています。

Appleは独自チップのパフォーマンス強化を続けているそうなので、まず最初にリリースするARMチップ搭載Macはラップトップにして、その後、さらなる高性能チップ搭載でiMacやMac Proが出てくる...という流れが見えます。

自社チップの開発がブーム

Googleも自社チップを作っているそうですね。自前でチップを作る明確な利点は2つ。他社のプロダクトサイクルに合わせる必要も、遅れを心配する必要もないことがまず1つ目。そして、自社端末の機能や性能に合わせられるから全体的な舵取りがしやすくなるのが2つ目。いいことだらけ!

もちろん、CPUやらGPUやらを積んだSoC開発は非常に複雑だし、今までと異なるCPUアーキテクチャになればソフトウェアエンジニアもアプリの書き直しが必要になります。Apple社員は、慣れるまで少々大変な時期が続くかもしれません。それでも時代は自社チップなのです!

Source: Bloomberg

ARM搭載の次世代Mac ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by